記事

「ワクチン・パスポート」考

この間、政府に導入を強く要請してきた「ワクチン・パスポート(仮称)」の検討がいよいよ開始されることとなりました。感染の予防を行いつつ、社会活動を再開していくためには不可欠のツールだと考えており、早期の制度設計を求めていきたいと思います。

当初、政府の腰が重かったのは、「差別につながるのではないか」という懸念があったためだと思います。たしかに、さまざまな理由・事情でワクチンが接種できない方もいらっしゃるので、当然の心配だと思います。したがって、そういう方々が不利益を蒙らないようにする仕組みにすることが大切だと考えます。

したがって、「ワクチン・パスポート」というよりは、「健康パスポート」という体裁を取り、ワクチン接種記録はもとより、検査結果記録、場合によっては既往歴、アレルギーの有無、直近の体温歴、食事制限(ハラルなど)が搭載できるような多用途のものにすべきではないかと考えます。

むろん、「パスポート」と言っても紙ではなく、携帯に搭載できるアプリにして、いつでもどこでも提示、読み取りができるようにする。ワクチン非接種者にディスアドバンテージ(不利益)を与えるのではなく、接種者にアドバンテージを与える運用をするように事業者には徹底をはかる。そのような仕組みが望ましいと考えます。

目下、EU、米国、中国をはじめ、この種のパスポートが徐々に制度化され、様々な国に広まりつつあります。我が国での対応が遅れれば、海外において日本人全体に対する差別(区別)が生じかねず、そうなれば経済活動はもとより、観光、親善交流など様々な活動が制約される恐れがあります。

また、このような仕組みができれば、国内における旅行、飲食、イベント等の現場においても有効に活用できることとなり、移動や行動に対する制約を合理的、段階的に解除していけるのではないかと期待されます。

もちろん、その際にもガイドラインは必要で、あくまでも「差別につながらない」運用を行なうことが大切です。このガイドラインの策定も含めて政府において然るべき対応が行われるよう、今後の作業を注視し、支援してまいりたいと思っています。

来月には感染者の多い大都市において、防衛省・自衛隊による「大規模共通ワクチン接種所」が開設されることとなりました。防衛省・自衛隊の持つ機動力と展開力を存分に発揮し、国民の期待に応えてくれることを心から願っています。

残念ながら我慢を強いられるゴールデンウィークとなりましたが、ここが正念場です。これ以上、感染が拡大することのないよう、お互いに気をつけながら、なおかつ、様々な工夫によって英気を養い、ここを乗り切ってまいりましょう。どうぞお元気で良き連休をお過ごしください。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。