記事

放送事故級のエンディングを迎えたアカデミー賞 作品賞『ノマドランド』は非政治的?

1/2
Getty Images

「放送事故」的エンディングを筆頭にサプライズも起きた第93回アカデミー賞。

アメリカ政治混乱を反映するいわゆる「オスカー」的な作品よりも、コロナ禍の疲弊を癒やしていくような非政治的な性善説、さらには日本に住む者にも重くのしかかる「高齢」問題といった側面が目立つ受賞ラインナップとなったかもしれない。刺激的なストリーミング配信作もまじえて、今回のウィナーを見てみよう。

政治性のなさと普遍的な性善説:作品賞・監督賞・主演女優賞『ノマドランド』

Getty Images

「人之初 性本善(生まれた時、人は善なる存在である)」。監督賞受賞スピーチにてクロエ・ジャオ監督が引用した『三字経』の一節だ。

中国に生まれて英国へ留学し、のちにアメリカへ移住した彼女は「世界中どこでも、出会った人々の善き部分を見つけてきた」旨を説いた。作品賞と主演女優賞をふくむ3部門に輝いた彼女の『ノマドランド』も、そうした性善説をまとっている。

世界金融危機によって増加した車上生活を送る高齢ノマドを描く「放浪」ものでもある本作は、伝統的アメリカ映画の美徳も携える一方、近年の「オスカー作品」らしからぬ側面も際立つ。

今日的な政治性が薄いどころか、意図的にそれらの要素が排除されているのだ。たとえば、年齢がネックとなって定職に就けない主人公が冬季限定で働くAmazon配送センターの場面でも、近年批判が増している同社の労働問題に切り込む気配はない。

トランプ政権時代の映画だからこそ「非政治化」に努めたというジャオ監督は、このように語っている。「私がフォーカスしたかったものは、人間の経験、そして、愛する人の喪失や故郷探しといった、政治的主張を超えた普遍的なものです」。

夫を失った主人公が車上生活でさまざまな人々と出会っては離れる本作は「人のいとなみ」が詩的につらなるような趣で、個々人を人間讃歌で包むような美しさがある。

アメリカ西部の自然を雄大に映すエモーショナルな画面もあいまって「瞑想的」とすら評された『ノマドランド』。ある意味、政治混乱とパンデミック危機に見舞われ、多くの人々が疲弊させられた年度と呼応するような「政治性のなさ」と「普遍的な性善説」の映画だったのかもしれない。

放送事故級のサプライズ:主演男優賞・脚色賞『ファーザー』アンソニー・ホプキンス

Getty Images

今回最大のサプライズは主演男優賞だ。

前哨戦アワードの成績より、2020年に逝去した『マ・レイニーのブラックボトム』のチャドウィック・ボーズマンの受賞が「鉄板」とされていたカテゴリであったため、授賞式中継番組は「大トリ」を作品賞ではなく主演部門に回す構成になっていた。

つまり番組側が「英雄的存在の追悼」フィナーレを計画したわけだが、結果はなんと、二番手候補とされた『ファーザー』アンソニー・ホプキンスのサプライズ受賞。

Zoom式のオンライン参加を拒否されたホプキンスは欠席していたため、会場が静寂に包まれるなか放送が終了する異様な結末となった(のちに放送局ABCの幹部が「故意のリスクテイクだった」と認めている)。

この「放送事故」的騒動で着目すべきひとつは、多くの映画ファンが番組側の構成を批判し、ホプキンスに関してはその受賞価値を認めていることだろう。『羊たちの沈黙』、『日の名残り』等の名演で知られる80代の名優は、『ファーザー』にて妻に先立たれた認知症の男性を演じている。

その凄まじさは、西田敏行いわく「神の領域」。観客は、彼の演技を通して記憶が蝕まれる恐怖と不安、怒りを追体験していくことになるため、サスペンスのような没入感も与えられるという。予想を破って脚色賞にも輝いた同作の日本公開は5月14日に予定されている。

ブラピに痛烈な一言を食わせた大人気トリックスター:助演女優賞『ミナリ』ユン・ヨジョン

Getty Images

助演女優賞は、アメリカの韓国系移民一家を描く『ミナリ』に出演した韓国の大俳優ユン・ヨジョンが受賞。

作品賞、主演部門と並んでベテラン勢が目立つ主要部門となったわけだが、とりわけ、今回のアワードシーズンでヨジョンは人気を博していた。韓国人として様々な記録を打ち立てながら英米の前哨戦を席巻していた彼女だが、貫禄あるトリックスター的なユーモアで映画界をわかせつづけたのだ。

英国アカデミー賞では「お高くとまっていることで知られる英国の人々に良い役者と認められてとりわけ嬉しいです」とスピーチ。

英国での体感をもとにした表現だったようで、同国を代表する映画監督エドガー・ライトから「たった一言でアワードシーズンを完勝してみせた」と讃えられるほどの話題をかっさらった。

アカデミー賞でもヨジョン節は健在で、プレゼンターを務めた『ミナリ』製作総指揮ブラッド・ピットに対して「ようやくお会いできましたが、私たちが(『ミナリ』舞台の)タルサで撮影していたころ、どこにいらっしゃったのでしょう?」と一言。

ハリウッドにおいて「名ばかりのプロデューサー」は珍しくないとされるが、現地のスーパースター相手にいっぱい食わせる大俳優のジャブだったというわけだ。

「英米の権威をものともしないユーモラスな偉人」然としたアティテュードで海外ファンを増やしたヨジョンだが、『ミナリ』においても、チャーミングなトリックスター的役割を担っている。

「(一家で過ごす時間が多くなった)コロナ禍に観るべき作品」と絶賛された家族劇『ミナリ』だが、移民一家の苦難や衝突も描きながらも牧歌的な評判を保ったことは、やはりヨジョン演じる祖母と幼い孫の交流、その「癒やし要素」が大きいだろう。もちろん、授賞式スピーチからしてわかるように、劇中でも「癒やし」だけでは終わらせない凄みが披露されるわけだが。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。