記事

【ウォルマートvsアマゾン】、2025年にアマゾンがウォルマートを抜いて米小売の覇者へ!



■ネット通販最大手のアマゾンは2025年までにウォルマートに代わって米国最大の小売企業となるという衝撃的なレポートが27日に発表された。

EC分析のエッジ・バイ・アセンシャル(Edge by Assential)によると2025年にアマゾンの小売売上高は6,316億ドル(約69兆円)となり、ウォルマートはガソリン売上を除くと5,233億ドル(約57兆円)になるというのだ。

この予測はアマゾンの年平均成長率を14.9%で試算し、ウォルマートは同じく3.9%ではじき出した数字だ。

激しい競争を繰り広げる小売りの巨頭が2025年に地位を逆転させ、約20%の差をつけるという。

ただしこれにはリンゴとオレンジを比べるような無理な比較となっている注釈を付け加えなければならない。

クラウドコンピューティング事業や広告事業からの売上は含まれていないもののアマゾンの売上高の多くがマーケットプレイスに出品するサードパーティの売上を含む流通取引総額(Gross Merchandise Value:GMV)となっているのだ。

200万社以上の出品者を抱えるアマゾンと、全米に4,700店以上にメンバーシップ・ホールセール・クラブ(600店)のリアル店舗を基盤とするウォルマートではそもそもビジネスモデルが異なるのだ。

アマゾンはサードパーティの出店による取引総額が小売売上の60%を占め、2025年には66%に上る。

一方、ウォルマートは全米に広がる店舗ネットワークにより食品売上シェアを18%とし、アマゾンには10倍の差をつけている。

それでもアマゾンがウォルマートに対して優位的なポジションにあることには違いない。

エッジ・バイ・アセンシャルCEOデレン・ベイカー氏は「パンデミックで消費者行動はインストア(売り場での買い物)からEコマースに恒常的に変化した」とし「この最大の受益者となったアマゾンであり、ウォルマートは(オンライン販売で)アマゾンにキャッチアップという状況にあるからだ」と指摘する。

なおエッジ・バイ・アセンシャルでは小売売上に占めるEコマースのシェアが現在の22.1%から2025年までには29%に上るとの予測も明かしている。

パンデミックの影響でEコマースの成長が加速し2025年にはECが1兆ドル(109兆円)を超える規模となり、小売の3分の1近くがオンラインになることでECでシェアを握るアマゾンが小売の覇権を握るとの分析なのだ。

 以前のウォルマートがそうであったように小売トップになるとアマゾンも批判に晒されやすくなる。

15年前、ウォルマートを題材にした「ウォルマート:毎日低価格の高い代償(Wal-Mart: The High Cost of Low Price)」というドキュメンタリー映画が話題となった。

業界トップの地位を盤石にすればするほど、企業の社会的責任も負うことになる。

最近もアラバマ州ベッセマーのアマゾンの物流倉庫で労働組合を結成しようとする動きが全米から注目された。

労働組合結成に向けた取り組みは結局、開票2日目に大差で敗北したが、トイレの個室に反対を求める張り紙を貼るなどアマゾンの強硬な姿勢に対して批判が上がった。

 アマゾンは地位を上げる代わりに代償として強い逆風を受けることも増えるのだ。

なおエッジ・バイ・アセンシャルによると2025年、3位にはクローガー(1,666億ドル)、4位にはコストコ(1,530億ドル)と見ている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当ブログでは次の消費者世代を意識して変革しようと唱えています。次の世代とはZ世代。いわゆる1990年代後半に生まれたジェネレーションで生まれたときからネット環境で育ち、スマホからソーシャル・メディアまで巧みに使いこなす世代です。年齢にすれば15〜25歳といったところ。

Z世代を身近な人に上げるならみちょぱ(池田美優さん)とかニコるん(藤田ニコルさん)などでしょうか。Z世代の若いほうには今年から高校生となった16歳の芦田愛菜さんもいますね。かれらの消費行動から価値観まで理解しないと大手チェーンストアを含め小売業界にとって次世代経営への継承はできません。小さくてもいいから今から手を打っておかないと次の世代の経営者にバトンタッチ前にお店は傾きます。

ちまたではデジタル・トランスフォーメーションがバズワードになっていますが、Z世代はネットショッピングが当たり前となっている世代ですから、いかに売り場とオンラインとの境界線をなくしシームレス化を図るかです。

 アマゾンがウォルマートを追い越すのは意外に早い時期に来ると思っています。が、ウォルマートはそれ以上にこれまでのビジネスモデルを否定するような変化を遂げるはずです。その一つがサブスクだったりするわけです。

あわせて読みたい

「小売業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  8. 8

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  9. 9

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。