記事

反ワクチン派の出現、暗躍を防ぐためにも今こそ政府はワクチン広報を 高齢者の大部分はネット情報に辿り着けない

東京、大阪含めて全国の感染者数の増加が止まりませんね。マイクロ飛沫感染ではないかを疑わせる事例も言われてきており、本当まん延防止等処置が効果を示さなかったことでこのウイルスの強さ、そして行動変容ができていないこと(送別会、歓迎会等)が見て取れます。

こんな記事が出ました。

>「2回目接種では接種翌日に頭痛(5割)、全身倦怠感(7割)を自覚した」「2回目接種後の37・5℃以上の発熱(4割)を認めた」
実際副作用は予想以上にあり、この記事は少しの煽りはありますが概ね正しいことが書かれています。
>―ー副作用があっても、国民はワクチンを受けた方がいいと思いますか。
「絶対に受けるべきだと思います。世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに対抗するにはワクチン接種が絶対に必要です。副作用はあるが、症状が出るのは3日間。治療せずとも3日すれば治るのですから。

>ただし2度目のワクチン接種から丸1日が経つと、体がどうしようもなくだるくて、まったく仕事にならないことを知り、備えをした上で、ワクチンを打つのがいいと思います」
そして表題には書かれていませんがこの言葉をしっかり話されています。ただこの表題のせいでワクチンを少し嫌がる世代が増えてくる可能性が出てきます。

「2回目に副反応が出ているのは、コロナに対する免疫反応が起きている証拠ですからその意味では大丈夫ですよ。また少しの高齢者には「若い証拠ですよ」ということで現場では笑いも取りながら不安を除くために説明してます。だから1人3分までしか短くできないんですよね。

それに合わせてかどうかわかりませんが、このタイミングに相変わらずの立憲民主党が検査を増やそうなんて党代表が言っているようです。本当国を滅ぼしたいんですかね。

またそのブレインと思われる方がワクチンの副作用について考察をあげています。これも石橋を叩いて渡らない典型的考察です。(量が多いなら体重の軽い人優位に副作用が起きますけどね。量的は抗がん剤と勘違いされてます?ワクチンの副反応は免疫ですよ)

また出てくる反ワクチン派の出現、暗躍を防ぐためにも政府はしっかり広報しましょう。HP行って見ればわかりますけど。高齢者HPに辿り着けないから。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。