記事

江口のりこの「ソロ活」に共感の声 日常も笑いに変える名脇役の実力

話題作に多く出演する江口のりこ

 現在放送中の江口のりこ(40才)主演のドラマ『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系)が話題を呼んでいる。放送時間が深夜帯ではあるものの、SNSでは「肩の力を抜いた江口のりこの演技が素敵」、「作品テーマと江口のりこの組み合わせが絶妙」といった声が並び、江口の“おひとりさま”ぶりが多くの視聴者の共感を呼んでいるようだ。その理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 江口のりこの民放ドラマ初主演作となったドラマ『ソロ活女子のススメ』。放送開始早々から話題を呼び、口コミの評判も上々だ。筆者も、本作は江口が主演を務めているからこそ、面白味がぐっと増しているように思う。

 本作は、フリーライターの朝井麻由美(35才)による同名エッセイ(大和書房)を原作とし、江口を主演に迎えて連続ドラマ化したもの。「ダイジェスト出版」編集部の契約社員である五月女恵(江口)が、積極的に一人の時間を楽しむための活動、通称“ソロ活”を謳歌する様子が描かれている。物語は一話完結型で、各話ごとに恵が初めての「一人◯◯」を経験するのだ。

 第1話での恵のソロ活は、比較的ハードルの低い「一人焼肉」から「一人リムジン」までを経験。第2話では「一人動物園」と「一人水族館」に挑戦し、誰にも気を遣わず本当に自分が好きなものだけを見る“のんびり鑑賞スタイル”を提示した。続く第3話では、「一人プラネタリウム」と「一人ラブホテル」を敢行。足を踏み入れるには難易度の高いスポットの贅沢な楽しみ方を嬉々として演じ、第4話では海上から工場夜景を一望できる「一人クルーズ」を堪能し、彼女と同じように“おひとりさま”を謳歌する女性たちとの出会いが描かれた。

「ソロ活」、「おひとりさま」という言葉が頻繁に聞かれるようになった昨今の時代性を表現した本作は、タイトルに「女子」と入っているものの、女性だけでなく男性にもあてはまるテーマだ。未婚率が上昇傾向にある近年において、一人の時間を楽しむ人は男女問わず増えており、まずはその点が視聴者の興味を集めた理由だろう。加えて、そうした人々を演じる江口の本当に楽しそうな姿が印象的で、多くの人々の共感につながっているように思う。

 映画やドラマ、演劇と、これまでに膨大な数の作品に出演しキャリアを重ねてきた江口は、いまや日本を代表する名バイプレイヤーだ。今季は、本作だけでなく、『ドラゴン桜』(シーズン2/TBS系)にも重要人物として登場しており、彼女を見かけない日はないほど。コメディからシリアス、少女漫画が原作のものから文芸作品の実写化まで、なんでもござれの俳優なのである。江口のバイオグラフィーを見れば、若手からベテランまで、さまざまなタイプのクリエイターとタッグを組んできたことが分かるが、その振れ幅の大きさから、彼女がいかに信頼の厚い俳優なのかが分かることだろう。

 前クールで放送された宮藤官九郎(50才)脚本のドラマ『俺の家の話』(TBS系)での江口の姿も記憶に新しい。コメディである同作は、俳優同士の掛け合いのテンポ感が大きなカギとなるが、その中でも江口は、各シーンの中心となる人物を引き立てつつ、時には自分も前に出て、主演の長瀬智也(42才)をはじめ、西田敏行(73才)や桐谷健太(41才)などクセモノ揃いの俳優たちとの演技合戦を繰り広げてくれた。江口の“名バイプレイヤー”ぶりが100%発揮された作品だったと思う。

 しかし、今回の『ソロ活女子のススメ』では江口は主演。映し出されるのは、基本的にソロ活に興じる恵役の江口ばかりだ。見慣れていない分、視聴者にとっても主演としての江口は未知数なところがあっただろうが、カラッとした人物を多く演じてきた彼女の“おひとりさま”は、見事なハマり役となっている。江口の淡々とした語り口や振る舞いも役柄にマッチしており、恵の魅力の一つとして調和しているのだ。

 本作はコメディではないものの、江口は他愛もない日常会話さえ、セリフの緩急だけで笑いに変えてしまう。また、仕事とソロ活、オン・オフをハッキリと切り替えている恵の生き方も見ていて気持ちが良い。本人によるナレーションの助けもあるが、その表情や足取りからは、ソロ活を通して恵が何を感じているのかがしっかりと伝わってくる。他者との演技の掛け合いではなく一人で物語を進めていく本作は、江口による“一人芝居”の作品とも言えるが、「ひとり」だからこそ見せられる細かな表現に彼女の実力が垣間見られ、多くの人が魅了されるのではないだろうか。

 彼女の俳優としてのポテンシャルの高さが、恵というキャラクターや作品全体に反映されている本作。名バイプレイヤーとして多くの場数を踏んできた江口だからこそ実現した作品であることは間違いない。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  3. 3

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  4. 4

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  5. 5

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  6. 6

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。