記事

“1万9000人リストラ策”の影響も…みずほ銀行「大規模システム障害」が繰り返されるワケ - 森岡 英樹

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は、今年度に予定していた全国銀行協会の会長就任を辞退した。システム障害を受け、これまでは会長就任を「当面」見合わせるとしていたが、2月末から頻発したシステム障害の再発防止を優先すると辞退を申し出た。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 みずほFGは3月31日に、システム障害を巡る一連の経緯や再発防止策をまとめた中間的な報告書を金融庁に提出。坂井社長は4月5日記者会見を開き、「システム障害に係る対応状況について」と題する原因分析資料を公表した。今後、第三者委員会「システム障害特別調査委員会」等による調査・提言を踏まえて最終報告書をまとめる意向だ。

©AFLO

 だが、みずほ銀行は発足直後の2002年、東日本大震災直後の2011年3月にも大規模システム障害を起こしている。何故、みずほだけがシステム障害を繰り返すのか。その原因は報告書には表れようのない合併の深層に隠されている。

日本のSEが“蒸発した”と言われるシステム

 “みずほ”という名称は万葉集の「豊葦原の瑞穂の国」からとられている。みずほ銀行は日本そのものを表象する銀行という意味である。実際、みずほ銀行は上場企業の約7割と取引を持ち、約2400万の個人口座を誇る巨大銀行だ。「資産規模トップの第一勧銀」、「実質的にトップバンクであった富士銀行」、「天下国家を体現する興銀」の3行が統合して誕生した。それぞれ頂点を自負する3行が一緒になったことで、皮肉にも内部の主導権争いは、長くみずほの宿痾となっていく。

 その象徴が3行のシステム統合であった。銀行は装置産業である。基幹を司る勘定系システムは、第一勧銀が富士通、富士銀が日本IBM、興銀が日立製作所製だった。どの銀行のシステムをメインに据えるのかは3行の力関係を反映する。

 だが、「MINORI」と称された最新鋭の統合システムは、「三菱UFJが日本IBM、三井住友がNECを中核にシステム統合したのに対し、みずほは日本IBM、富士通、日立製作所、NTTデータのマルチベンダーの4社体制を活かして統合した」(みずほ銀関係者)。

 システムの主導権を3行とも譲らなかったわけだ。結果、開発・移行作業は複雑化し、総投資額は4000億円超、開発工数推定35万人月まで膨らんだ。「システムのサグラダファミリア」と揶揄されるほどだった。「MINORI」のために日本のSEが“蒸発した”との逸話も残っている。

「One MIZUHO」のスローガンの裏には……

 システムの主導権を巡る確執は、3行の人事抗争と裏腹の関係にある。

「システム障害は、個人取引を中心にするみずほ銀行で起きた。同行を地盤とする旧第一勧銀と旧富士銀行人脈が責任を負い、ホールセールを担った旧興銀人脈が浮かび上がった」(みずほ関係者)というわけだ。

 経営方針を司る持株会社FGのトップには佐藤康博氏、坂井辰史氏と興銀出身者が続けて就いた。佐藤康博氏が社長時代に「One MIZUHO」のスローガンを掲げたのは、そうした3行の融和を強く意識した表れに他ならない。

みずほのシステム障害は人災である

「みずほさんは何故、月末の繁忙時にデジタル口座の移行作業を行ったのか理解できない」

 他のメガバンク幹部はこう首をかしげる。システム障害の直接の原因は大量のシステム処理が重なる月末に、デジタル口座の移行作業を行ったことによる容量オーバーにある。問題はシステムの常識ではありえない、この危なっかしい判断がどうして組織的にスルーしたのかにある。そこには「MINORIの移行作業が無事終了した安堵と慢心、そして移行後、手薄になったシステム人材という問題があった」(みずほ関係者)という。

 佐藤康博社長時代の2017年11月。みずほは26年度末までにグループの従業員数を現状の約7万9000人から6万人に、1万9000人減らすリストラ策を発表した。そのテコにされたのがシステム統合である。

 MINORIの本格稼働を待っていたように、みずほFGは「MINORI」の中核ベンダーの1社である日本IBMと合弁会社「MIデジタルサービス」を設立し20年7月1日から業務を開始した。同社はみずほの関連会社であるみずほオペレーションサービスを母体として日本IBM65%、みずほFG35%出資で設立されたものだ。「MINORI」への移行が完了し、本格稼働に入ったことで、従来開発に携わってきた優秀なシステム人材の多くが同社に移籍した。かつ「MIデジタルサービス」へのみずほFGの出資は35%ということで連結対象から外れる。

 1万9000人もの人員削減とシステム要員の合弁会社への移籍が今回のシステム障害を深刻化させた点は見逃せない。みずほのシステム障害は人災なのだ。

◆ ◆ ◆

 森岡英樹氏による「みずほ銀行『システム障害』は人災である」は、現在発売中の「文藝春秋」5月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。20年前の合併の怨念まで分析した出色の論考だ。

(森岡 英樹/文藝春秋 2021年5月号)

あわせて読みたい

「みずほ銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。