記事

「モンペ対策には弁護士を」そんな“教育のマニュアル化”には反対です《尾木ママ提言 #教師のバトン問題》 「人生相談は教師の仕事じゃない」という意見も… - 「文春オンライン」特集班

1/2

「1万円で無限に働かせる“聖職者”論」「部活大好き“BDK”」…元文科次官・前川喜平氏が語る《#教師のバトン》の真実 から続く

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

 文部科学省がはじめた「#教師のバトン」プロジェクトが波紋を広げている。

「#教師のバトン」とは、文部科学省が教師の魅力を発信する広報活動の一環としてスタートした、Twitter上で様々な教育現場のエピソードを募集するキャンペーンだ。

 しかし「教師の魅力を発信したい」という文部科学省の目論見とは裏腹に、実際に集まったのは労働環境の過酷さや精神的な負荷を嘆く声ばかりだった。

 それに対して萩生田光一文部科学大臣が「願わくば学校の先生ですから、もう少し品のいい書き方をして欲しい」と発言して火に油を注ぐなど、あらゆる意味で注目が集まっている。

 自らも22年間中学校・高校の教師として教壇に立ち、今も教育についての提言を続ける“尾木ママ”こと尾木直樹氏に「#教師のバトン」プロジェクトについて話を聞いた。


“尾木ママ”こと尾木直樹氏

大臣や役所は学校現場の苦労を知らなかった?

「#教師のバトン」についての最初の感想は、「文科省の役人さんはなんて素直な方たちなんだろう」というものでした。集まった意見への萩生田大臣の反応も、いまさら何を言ってるんだろうと驚きましたよ。

 だって教育現場の意見や提言を匿名で募集したら、不満がどっと集まるに決まってるじゃないですか。そんなことさえ想像できずにああいう反応になってしまう時点で、大臣や役所は学校現場の苦労を全然知らなかったと告白しているようなものです。

 きっと、文科省は焦っていたんだと思います。いま、教師が全然足りていません。最近発表された2019年度実施の小学校教員採用試験の採用倍率は、全国平均で2.7倍でした。

 昔から、教師の質は試験の倍率が3倍を切ったら維持できないと言われてきました。それが今では、全国平均で3倍を切り、2倍を切る県さえ出てきている。校長が「教員免許を持ってる人なら誰でもいいから紹介して」と職員室で頼むような学校もある状況です。教師のわいせつ事件や体罰事件が止まらないのも、やっぱり質の問題があるんです。

 文科省はその状況をなんとかしようとして、教師という仕事の魅力をアピールしようと率直に考えたんでしょうね。

「4%」の教職手当はプライドだった

 僕が現役教師だったのは、1972年に海城高校で教えはじめて1976年に中学へ移り、1994年の3月に辞めるまでの22年間です。当時の学校は今よりずっとのどかで、教師の労働環境が厳しいという話なんてした記憶がありません。

 ちょうど働き始めた年に田中角栄が総理大臣になって、教員の勤務時間を調査したんですよ。そうしたら平均的な公務員より勤務時間が長いということで、その時間外労働時間に相当する額として給料に4%の教職手当が上乗せされるようになりました。

 今でも覚えているんですけど、1976年に赴任した都下の公立中学の教頭に、「尾木先生、私たちは一般の公務員より4%も多くお給料をもらってるんだから、それに見合うように頑張ってください」と言われたんです。僕も素直に、その責任を果たさなきゃって思っていました。当時の教師にとって教職手当の「4%」っていう数字はプライドそのものだったんですよ。

 ところがその後教師の仕事はどんどん忙しくなって、人も削られていき、今では1カ月の時間外労働が「過労死ライン」とされる80時間を超える中学校教員が6割いるという試算さえ出ているのに、手当は当時と同じ「4%」のまま。いまでは「4%」は苦しさの象徴になってしまいました。「心の病」で2019年度に休職した公立校の教員は5478人で、過去最多を更新し続けています。

 忘れている人も多いでしょうけど、僕の頃は教師も夏休みは子どもと同じくほとんど休み同然でした。2、3日の日直があるだけで、あとは自由。普段休暇がとりにくい代わりに家族旅行に行ったり、授業の準備や研究をするためにも大事な時間でした。

 でも日本社会の労働環境が厳しくなるにつれて、「こっちは毎日忙しいのに隣の先生は夏の間ずっと遊んでる」と苦情が入るようになるなど、教師への風当たりもどんどんきつくなりました。今では先生の“夏休み”はほとんどありません。

あわせて読みたい

「尾木直樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。