記事

【気候サミット含め様々な議題を議論、中心は「中国」】

今朝の外交部会では、米国主催気候サミット、中国政府による尖閣諸島の地形に関する調査報告書公表、ALPS処理水の処分、の三点についての政府報告について議論を行った。

オンラインで開催された米国主催気候サミットについては、菅総理が表明された温室効果ガス2013年度水準から「46%削減」との数字を報道でご覧になられた方も多いと思う。排出削減の取り組みに対して、28ヵ国の首脳級が録画ではなくオンラインで出席し自国の取り組みを発表した。主催者のバイデン米大統領からは、日本の目標に対して菅首相のリーダーシップを称え「偉大なパートナー」との賛辞があった。一方で、各国はアピール合戦の一環で大きな削減目標の数字を出すものの、目標値を算出する基準年が1990年、2005年、2013年などバラバラである。パーセントの数字だけに踊らされず、具体的な削減量にも注目する必要がある。また最大の二酸化炭素排出国の中国は、自らを「最大の発展途上国」としてかなり甘く、自己に都合が良い目標を表明している。その為、各国は、中国の発表数字に満足せず、更に高い数字を達成するよう働きかけなければ、実効性は担保されない。

中国自然資源部による尖閣諸島地形調査報告書は、他国の領土の峰や岩に中国名をつけた地形図の発表はなど日本として受け入れられるものではない。衛星情報に基づく為、精度が粗い報告書となっているが、次は航空機による測量も否定できない。今後も警戒していかなければならない。

ALPS処理水の情報発信について、前回の外交部会での指定事項に対する回答が政府からなされた。外務省と経産省が連携してインターネットを通じた発信やソーシャルメディアを通じた発信を強化している。例えば、ALPS処理水の安全性の説明、グロッシーIAEA事務局長やブリンケン米国務長官の投稿へのリツイート、韓国国民への広報など、現状で取り得る策を講じているとしている。しかし、佐藤がツイッターで指摘したように、中国政府による葛飾北斎の浮世絵を使った下品極まりない指摘が未だに存在する。日本の伝統文化を汚す形での処理水への抗議は、いくらなんでも受け入れられない。外務省には、今後も言われなき批判には反論するよう求めたい。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。