記事

「マスク警察」「自炊警察」相互監視体制は日本の”伝統芸”か

1/2
電車の中でもマスクは必須になった(イメージ)

 この1年3ヶ月のコロナ禍では「自粛警察」や「マスク警察」が登場するなど、自然発生的に見知らぬ他人の“非常識”と思しき行動を取り締まる動きが出た。だが、これは元々「五人組」などの相互監視体制があった日本において、“伝統”にも近いものなのではとネットニュース編集者の中川淳一郎氏は見ている。なぜ人は他人の行動を制限する「警察」になるのか。同氏が考察した。

【写真】電話も場所をわきまえなければいけない時代

 * * *
 コロナ騒動以降、私が常々感じているのは「なんで人々はどーでもいい他人の行動に口出ししたくなるの? バカなの?」ということである。屋外でマスクをしていない人間に対して「コラ! マスクをしろ!」なんて言ってくる「マスク警察」はバカの典型例であろう。

 あのさ、飛沫を飛ばさないためにはマスク云々よりも「喋らない」のが大事なの。いちいちマスク越しに興奮しながら注意をしてくる方がどうなんだっつーの! 屋外だったらいちいち注意するでもなく、無言で通り過ぎればいいだろうよ。

 といった時事ネタをまずは出してみたが、「とにかく他人に注意したい警察気取りバカ」を5例振り返ろう。まさに日本の伝統芸のようなものである。いずれも「もしかしたら不快に思うかもしれないが、本来そこまで“反社会的”ではない」「別に犯罪はしてないだろ?」、もっと言えば「他人の行為なんてどうでもいいだろうよ!」といった類である。あくまでも社会が作る「空気」によって悪者にされたものでしかない。

【1】髪の毛の色警察

 今は変わりつつあるが、過去には、髪の毛の色が「黒」以外だった場合、「不良」認定がされる中学校や高校は少なくなかった。地毛の色が薄い人のなかには黒く染めさせられた人もいるほか、「地毛証明書」というものまであるのだという。例えば、両親が日本人でも髪の毛が黒くない場合はあるわけだし、外国の血が入れば髪の毛は黒くならない場合があるが、それが「地毛」であり「染めた」ということではない、という証明書なのだとか。

 もう、バカか! としか思えない。髪の毛の色が学校生活でなんの影響があるのか? 「マネする人が続出して、風紀を乱す」とか「人と違うことをしようとする精神が気に入らない」とか、あるいは「そんなヒマがあったら勉強しろ」とかいう理由なのか知らんが、黒髪を“マネ”するのはOKという理屈もよくわからない。

 一方、大学生・専門学校生は、まったく髪の毛の色などどうでもいいとされている。赤や紫やオレンジや緑など、実に多種多様である。社会人になっても、マスコミ関係やアパレル関係、美容室関係では髪の毛の色は関係ない。ただ、役所では黒以外は「異端」扱いされ、善良なる市民から「おたくの役所の窓口に赤い髪の毛の人がいました! 黒に戻させなさい!」などのクレームが来るという話を聞いたことがある。

 仕事さえできればいいんじゃね?という理屈は通用せず、社会人になっても、とにかく「髪の毛の色が黒以外ではダメなクラスター」が存在するというワケのわからなさである。

【2】携帯電話通話警察

 海外に行って若干のカルチャーショックを受けるのが「電車の中で、大声で携帯電話で喋る人」の存在である。周囲の人は「シーッ」と口の前で人差し指を差し出すわけでもなければ、大声で喋る人を睨んだりもしない。「話したいことがあるんだろうな」という寛容の気持ちで放置している。

 だが、日本では、電車の中でうっかり電話がかかってきた時、口に手を当ててヒソヒソ声で「今、電車なんです。降りたら折り返します」とペコペコしながら通話をしている光景を見かける。いきなりブチッと電話を切ったら失礼だと思っているのか、かかってきたら出てしまうという反射神経なのか、一応は出て、電話をかけてきた人への配慮をする。そして、周囲に対してはペコペコしている様子を見せて「電車内の皆様、お騒がせして申し訳ありません。私は車内では通話はしないのでどうかご安心ください!」というアピールをするのである。

 電車内では普通に会話をしている人たちもいるのだから、電話の通話だけが悪者にされるのは意味がわからないが、とりあえず車内での携帯電話通話は悪い、ということになっている。車内アナウンスもされる。だったら「車内での会話はお控えください」も言うべきでは……と思っていたところ、コロナ襲来。すべからく、会話はよろしくないものになった。

 今から15年程前、電車内では「携帯電話は心臓ペースメーカーの誤作動を引き起こしますので、優先席近くでは電源をお切りください」という“お願い”があったが、その後の総務の調査で、ペースメーカーと携帯電話は3センチ以上離れていれば影響はないことが判明。現在その推奨距離は「15センチ以上」とされ、よっぽどの混雑時以外は大丈夫、ということで、こういったアナウンスは基本的に聞かれなくなった。

 ちなみに数年前、私が渋谷の酒屋でビールを買い、会計の時に突然電話が鳴った時のことだ。「はい!」と出たら、店内にいた高齢男性が杖をついてこちらに向かってきて私に杖を刺し、「ワシはペースメーカーをつけておるんじゃ。電話はやめろ!」と激怒してきた。驚いた私が「すいません!」と慌てて切ったら、この男性は満足そうに外に出て行った。高齢の男性店主は、申し訳無さそうに「ごめんなさいね……。怖いんだったら、わざわざ近寄ってこなければいいのにね」と言ってくれたが、情報はきちんと知らないと、人を怯えさせ、あまつさえ他人を不快な気持ちにさせるんだなと思ったものだ。

あわせて読みたい

「マスク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  6. 6

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ

    WEDGE Infinity

    06月21日 15:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。