記事

維新の三段跳び

大阪の橋下氏は、公職選挙法を改正して市長のまま参議院議員を兼ねることが出来るようにしたい、と言っているようだが、いくら世間の人気がある橋下氏であっても橋下氏一人の便宜のために制度を変えるようなご都合主義は通らない。

無理はしないことだ。
他の多くの真面目な首長は、首長と参議院議員を兼ねるような無謀なことは考えないものだ。
住民監査請求、住民訴訟で無用な争いを地方行政に持ち込むだけだから、常識のある人はそんなことは絶対にやらない。
いくら喧嘩上手でも、喧嘩の舞台が裁判所だと、いくらツィッターを使おうがマスコミを煽ろうが
通用しない。

負ける喧嘩はしないことが喧嘩に勝つ秘訣である。

定数削減ですら簡単に実行できない今の国会が、橋下氏はじめ一人や二人の首長のお遊びに付き合って、およそ合理的理由が認められないこういった選挙制度の改革をやるとはとても考えられない。
維新がキャスティングボートを握っているのであれば、政権政党がにじり寄ってくることもあろうが、維新はまだ数の内には入っていない。
7月までに地方公共団体の長と参議院議員の兼職を可能とするような法改正が実現する可能性はないのだから、こういう邪道に近い策謀はさっさと放棄することだ。

しかし、私は橋下氏が国政に転進することは不可避であると思っている。
橋下氏の存在は大きい。
ずいぶん危なっかしいところがあるが、それでも橋下氏の突破力、破壊力は頭抜けている。

どこまで力を伸ばしていくか見届けてみたい。

大阪市政は、地方行政の経験があり行政改革について一定の見識がある人に任せればいい。
橋下氏は大阪という風土にピッタリのキャラクターなのだろうが、橋下氏を必要としているのは若干紳士然として小さくまとまってしまっている東京や関東だと思う。

今年の参議院選挙が維新にとって大きなチャンスになる。
橋下氏が参議院選挙に名乗りを上げれば、維新は比例区で2000万票を超える得票をする可能性がある。
自民党は過去の2回の参議院選挙の得票が1600万台だから、伸びても1700万票である。

太陽の党の合流を無条件で認めてしまったために維新の会の清新さがすっかり失せてしまったが、橋下氏が参議院選挙に出ることを標榜しさえすれば流れが一変する。
橋下氏は、維新の会を政権政党足り得る存在に成長させるために、この際自分を捨ててしまうことだ。
7月の参議院選挙が終われば、3年後の衆参同日選挙が視野に入る。
ホップ、ステップ、ジャンプの三段跳びがこれで完成する。

みんなの党との連携を急ぐためにも、なるべく早く参議院への転出を表明するのがいい。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。