記事

田中邦衛さんは「野の花」のような役者だった――『北の国から』杉田成道監督が語る“戦友”の思い出

1/2

●黒板五郎は「俺と合わない」と言っていた

俳優の田中邦衛さんが3月24日に亡くなった。代表作である国民的ドラマ『北の国から』(81~02年、フジテレビ)で田中さんが演じた主人公の黒板五郎は、北海道・富良野を舞台に、物質文明にあえて背を向け、不器用ながらも子供たちを育て懸命に人間らしく生きていく。その姿は、誰もが“田中邦衛”と“黒板五郎”を自然と重ね合わせてしまうほど一体化したキャラクターになっていた。

そんな世代を超えて視聴者を魅了してきた『北の国から』の演出を担当した杉田成道監督(日本映画放送代表取締役社長)に、田中邦衛さんと『北の国から』の思い出を聞いた――。

田中邦衛さん=『北の国から’89帰郷』より (C)フジテレビジョン

■最も親しい友人が亡くなった

――田中邦衛さんは、杉田さんにとってどういった存在ですか?

僕にとって邦さんは、戦友って感じかな。僕より10個以上年上なんだけど、あんまり名前で呼んだこともなくて、向こうは僕のことを杉兄(すぎにい)って呼ぶし、僕は邦さんって呼ぶ関係で、友達という感じでしたね。だから最も親しい友人が亡くなったという感じがします。僕もこの歳なので周りの友人が毎年亡くなっていきますから、そういう意味で死は近いものとしてあるので、悲しいということはなくて、喪失感もあまりないですね。ただ、良い出会いだったなって…思うばかりですね。

――撮影中は、邦衛さんとケンカなどもなかったのですか?

いつも冗談ばかり言い合う関係だったので、不思議なもので、ケンカは全くなかったですね。すれ違っちゃって「もう二度とやるもんか!」みたいなことは1回もないし、向こうも1回もなかったんじゃないかなと思います。

――“黒板五郎”というキャラクターはどのように出来上がっていったのでしょうか。

最初、倉本(聰)さんの(脚)本がストイックな人間として描かれていたので、邦さんは「俺と合わない」って随分悩んでいた時期がありましたね。だけど、だんだん本が邦さんに寄っていく感じで…邦さん本来の人物像みたいなものがあって、そっち側に粗忽(そこつ)な五郎像が寄っていったっていう印象でした。どんどん五郎と邦さんがクロスオーバーしていって。純(吉岡秀隆)も螢(中嶋朋子)もそういうところはあったんだけど、邦さんが一番そういう感じがありましたね。そのうち、こっちも邦さんなのか五郎さんなのか分からなくなってきちゃう、そんな感覚がありました(笑)

(左から)中嶋朋子、田中邦衛さん、吉岡秀隆=『北の国から2002遺言』より (C)フジテレビジョン

■この大作を1人で背負えるのか…という不安

――連ドラ版が放送された81年当時、田中邦衛さんが主人公で、しかも2クールの大作をやるというのは、周囲の反応としてどういう感じだったのでしょうか。

当時の田中邦衛さんは、どっちかって言うと2番手くらいの俳優のイメージだったので、それでこの大作を1人で背負えるのかっていう感じはもちろんありました。『北の国から』は元々フジテレビがずっと(視聴率)4位で、日枝(久)さん(現 フジ・メディア・ホールディングス取締役相談役)が編成局長のとき、起死回生の一発をやろうと、通常のドラマの倍ぐらいの予算をかけて、しかも半年間放送するという企画で、それを倉本さんにお願いするというようなものでした。だからフジとしては清水の舞台から飛び降りるような覚悟で作った作品だったんです。

最初、主演は高倉健さんだとかいろんな話があって、結局、邦さんになったんだけど、ちょっとあ然とするような、「大丈夫かな?」っていうのは初めからありましたね。しかもこれは1年半の撮影が終わってからの放送だったので、もう本当にどうなるのかっていう感じで、スタートした時点から背負うものが大きかった。こっちも大変だったんだけど、邦さんも大変だったでしょうね。

●決死の撮影“吹雪で埋もれる”シーン

『北の国から’92巣立ち』より 五郎が吹雪に埋もれるシーン (C)フジテレビジョン

――邦衛さんとの印象的なエピソードはありますか。

『’92巣立ち』のときかな、屋根の雪かきの最中、転落して丸太に挟まってしまって、そこが吹雪になり埋もれてしまうというシーンがあるんだけど、その台本ができたらすぐに邦さんから電話がかかってきて、「これ本当にやるのかよ!」って。だから「やりますよ」って答えたら、「死ぬなー」って邦さんが言って、僕が「死にますね…」って言ったらガチャンと切られちゃった、そんなことがありました(笑)

――すごい会話です(笑)。それはどのような撮影だったのでしょうか。

『北の国から』って全部“本物”でやるんです。いつの間にかそうなったんだけど、だからあのシーンも本当にやるわけです。1週間、夜になるとそればっかり撮ってましたね。ダンプカーを10台ぐらい呼んで、黒澤明監督が『羅生門』で使ったっていう大きな扇風機があるんですけど、それを東京から2台持ってきて使いました。

まず雪の山を作って、それを除雪車で吹き上げて、扇風機で吹雪を作るんですけど、大体風速30メートルぐらいだからもう立っていられないんです。僕らも試しましたが、寒さを通りこして痛くて20秒といられないんですけど、それを邦さんにだいたい10分は当ててましたね。それを芝居は全て頭からケツまでやるから、「よーいスタート」って言った後から吹雪を当てて、邦さんは芝居をしてるんだけども、本当はカメラを回してないんですよ(笑)。だんだん瞬間的に凍っちゃったり、それで顔が真っ赤になったりするんだけど、そこが狙いだったんです。だからそうなるまで待って、後半そろそろ回そうかって言って回すんです(笑)

――邦衛さんは撮ってないことを知らないんですね!?

教えるなって言うんです(笑)。だけどそれはいつものことで、最後にちょっとだけあるワンカットでも、いつも最初からやるようにしていました。なぜかって言うと、感情の持続があって、普通は「よーいスタート」って言ってから芝居をやるんだけど、それは違うなって、そこへ至るまでの感情を持続させたかったんですね。その流れを皮膚感覚でやってもらいたいなと。

ひどいのはシーンの前に、本に何も書いてなくても続けてやったりするんです(笑)。シチュエーションだけ作って、そのままシーンに入っていくということもしました。

『北の国から』を演出した杉田成道監督

■「芝居しないでくれ」とだけ伝える演出

――邦衛さんに対する演技指導というのはあったのですか?

指導するんじゃなくって、僕は邦さんに一点だけ、「芝居しないでくれ」って言うんです。ただいるだけでいいからって。それが一番難しいんですけれども、とにかく演じなきゃっていう意識を消すということですね。これは“言うは易し”で、至難の業なんです。だけどそれをお互い分かりながらも、僕は「常にただ相手の芝居の空気を受けるだけでいい」とか、「こっちから何かしようとすれば逆に汚れちゃうからやらないほうがいい」とか、そういうことを言ってましたね。

ただ、純と螢は逆です。彼らはもともと“芝居をしない”感じなので、むしろ芝居をつけるんですよ。ちょっと臭いけどこうやるんだとか、邦さんとは全く違うことを言ってる感じでした。

あわせて読みたい

「田中邦衛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  10. 10

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。