記事
  • ロイター

米ボーイング、第1四半期は損失縮小 航空需要回復


[28日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングが28日発表した第1・四半期決算は、損失が縮小した。新型コロナウイルス感染拡大の影響から航空需要が徐々に回復する中、旅客機「737MAX」の納入数が増えたことが貢献した。ただ、米大統領専用機「エアフォースワン」関連して計上した損失が重しとなった。

中核的な営業損益は3億5300万ドルの損失。前年同期の17億ドルからは縮小したものの、6四半期連続での損失計上となった。

大統領専用機を巡っては、3億1800万ドルの税引き前損失を計上。ボーイングは2018年7月に大統領専用機として利用する「747─8」型機2機を総額39億ドルで受注し、24年12月までの納入を予定していたが、今月に入りサプライヤーのGDCが内装を完成しなかったとして同社を提訴。GDCは少なくとも2000万ドルの賠償を求めてボーイングを逆提訴した。

運航停止解除後の737MAXの納入数は85機を超え、ボーイングの売上高と手元流動性の改善に貢献した。

ボーイングは同型機の月間製造数を22年初旬までに31機に増やす計画だが、今月に入り特定の機種で電気系統の問題が見つかったことが、足かせになる恐れがある。

また、米国では国内旅行市場に対する楽観的な見方が出ているものの、インドなどで新型コロナ変異株の感染が急拡大していることが大きな懸念となっており、航空需要回復の不確実性が高まっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  4. 4

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  5. 5

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    コミュ力が必要?映画「ノマドランド」に感じたアメリカでの車上生活の面倒臭さ

    fujipon

    05月14日 13:18

  10. 10

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。