記事
  • ロイター

第1四半期の豪CPI、予想下回る 豪ドル下落


[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が28日発表した第1・四半期の消費者物価指数(CPI)は伸び率が市場予想を大幅に下回った。住宅建設の政府補助金が一因。

前期比の伸び率は0.6%。市場予想は0.9%だった。前年比では1.1%上昇したが、こちらも市場予想の1.4%を下回り、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のインフレ目標である2─3%を下回る水準にとどまった。

CPIの中銀トリム平均値は前期比0.3%上昇、前年比1.1%上昇。こちらも、ともに市場予想を下回った。

中銀の超緩和政策は長期間維持されそうだ。債券買い入れが年内に延長される可能性もある。

統計発表を受けて、豪ドルは、この日の安値となる0.7726米ドルまで下落。その後は投資家が政策引き締め見通しを後退させたことから、0.7735米ドルに持ち直した。

中銀は、実際のインフレ率が目標レンジの2─3%に入るまで政策金利を0.1%で据え置く方針を繰り返し表明している。

インフレ率は5年間にわたって目標レンジ下限を下回っており、目標達成は少なくとも2023年以降になるとみられている。

連邦統計局は、第1・四半期の物価低迷について、一連の政府の制度・補助金の「導入、継続、結果」を受けて、新築住宅価格や高等教育費が低下したと分析。

同局の幹部は「こうした補助金による埋め合わせがなければ、新築住宅価格は力強い需要を背景とする資材価格と人件費の上昇を受けて値上がりしていただろう」と述べた。

たばこと備え付け家具は値上がりしたものの、家賃、自動車燃料、公共料金の低下で一部相殺された。

国内インフレ率を測る上で有効な非貿易品目のインフレ率は、前期比0.2%、前年比1.3%の上昇にとどまった。

求人ウェブサイト「インディード」のエコノミスト、カラム・ピッカリング氏は「国内のインフレ圧力はほとんど見られない」と評した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  7. 7

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  8. 8

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  9. 9

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。