記事

グローバルダイニング社訴訟 弁護団代表の倉持麟太郎氏に聞く「有事の私権制限は仕方ない?」

1/2

レストラン運営会社「グローバルダイニング」が3月22日、都から時短営業命令を受けたことを不服として、損害賠償を求めて東京地裁に都を提訴した。

都による命令発出や、特措法という法律自体が違法・違憲であるかが争われる。

共同通信社

弁護団の代表を務める倉持麟太郎氏は今回の訴訟を通じて、有事を理由にスピード感や必要性を“言い訳”にして市民の権利制限が黙認される風潮に危機感を覚えたと訴える。

今回は数ある争点の中から、以下の3点に絞って整理する。

①「反論を許さない」という都知事の姿勢
②曖昧な基準による規制で生じた「委縮効果」
③特措法改正で生まれた条文の歪み

①②は都による時短営業命令の発出について、③は特措法改正について、それぞれ法的にどのような問題があるのか。さらには「一企業と都知事のトラブル」ととらえられがちなこの訴訟が、実は国民全員に関わる「権力と個人の人権」の問題であることを解説してもらった。

時短要請に従わなかったグローバルダイニング社への命令発出

写真AC

訴状によると、グローバルダイニングは、1月7日に都が特措法に基づいて出した時短要請に従わず、その旨をネット上で公表。その後、3度にわたる個別の時短要請にも応じなかった。小池百合子都知事からの時短命令発出予定を伝え、弁明書提出を求める通知を受け、同社は3月11日に弁明書を提出。要請に従わない「正当な理由」として協力金等の経済的措置が十分でないことなどを述べ、命令が出されれば、応じる考えを示した。

都は18日に27施設、19日に5施設について命令を発出。うち26施設は同社が経営する店舗だった。同社は命令に従って営業時間を短縮したが、店舗を午後8時以降使用できなくなったことについて、命令は違憲・違法であるなどとして、損害賠償を求めて提訴した。

提訴を受けて都の担当者は筆者の取材に対し、「命令を発出したことが間違った判断だとは考えていない」とコメントしている。

【訴状】

「反論を許さない」という都知事の姿勢

共同通信社

今回の時短命令について倉持氏は、「都知事の“反論をすることを許さない”という姿勢が見える」と主張する。

小池都知事は命令の発出理由として、措置命令書の中で「緊急事態措置に応じない旨を強く発信するなど、他の飲食店の20時以降の営業継続を誘発するおそれがある」ことを挙げている。

これに対して倉持氏は、「プライバシー侵害や危害をほのめかすなど、他者加害を含む表現行為なら問題ですが、今回の同社の発信は明らかに適法行為の範囲です。つまり、都の命令は“発信”という表現手段自体ではなく、要請に従わないという“内容”に着目した表現規制であるということです。表現の手段ではなく内容に着目した規制は、思想の自由市場に多様な価値観が流通すべきという表現の自由の意義の核心を毀損します」と説明する。

そして、「要請はどこまでいっても法的義務はなく、従わないこと自体は違法ではありません。それにもかかわらず、『従わない』相手が不利益を受けるような処分を科す、小池都知事の姿勢は問題です」と話した。

※思想の自由市場:思想が自由に議論され、淘汰されることにより、人々の知識が増え、真理に到達し、文明が向上するなどの社会的効用が達成されるという考え方。

曖昧な基準による規制で生じた「委縮効果」

Getty Images

都が公表した「営業時間短縮要請への協力状況」(3月22日付)によると、要請に応じていない施設は2000軒超。その中で命令が出された32施設のうち26施設が同社経営の店舗であったことに対し、倉持氏は「狙い撃ちであり、見せしめ。表現の自由への委縮効果が懸念される」と話す。

表現の自由は学説上一般的に、数ある人権の中でも特に厚く保護されるべきだとされている。倉持氏はその理由について「表現の自由規制は漠然とした基準になりやすく、数字や記号で規制の外縁を明確にできる経済活動の自由などの他の人権に比べ、『委縮効果』が生じやすい脆弱性を持つため」だと説明する。

都は同社の「強い発信」を理由に不利益処分を科しているが、「強い」と判断した基準は明確にしていない。筆者の問い合わせに対し、都総合防災部の担当者は「数量的な基準はなく、同社による発信の影響を総合的に判断した」と話した。

倉持氏は「基準が曖昧になると、規制される側は過度に委縮し、不必要な自主規制すら生まれます。漠然と『反論したら不利益処分を科す』という姿勢を権力者側が示し、とりわけ特定の表現内容規制を安易に許せば、同社だけではなく、業界全体、そして国民一人ひとりに影響が及びます。目に見えない表現の自由を規制するラインがどんどん後退していくことになるのです」と話す。

特措法改正で生まれた条文の“歪み”

写真AC

さらに倉持氏は、特措法では命令発出の条件として「正当な理由がないのに(中略)要請に応じないとき」(45条第3項)と定められていることが、「問題点であり、歪みである」と指摘する。

「従うかどうか自由であるはずの要請について、特措法では従わなければ自由を制限されるリスクを負います。本来なら義務のない要請に、従わない正当な理由を求めること自体がおかしいのです」

旧特措法では、要請に従わない場合に法的強制力を伴わない「指示」しか出せなかった。2月の法改正では、権利制限を含む「命令」が盛り込まれたものの、「正当な理由を求める要件」に関しての変更はなされなかった。

こうして生じた法の“歪み”。倉持氏は昨年春の緊急事態宣言解除以降、事後的な検証や法律のアップデートに関する国会での議論が足りていなかったことが背景にあると分析する。

あわせて読みたい

「グローバルダイニング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  2. 2

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  3. 3

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  7. 7

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

  10. 10

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。