記事

広島再選挙で表面化 中高年も保守層も政党と選挙にうんざり

2019年参院選に当選した河井案里被告。このときの公選法違反事件で有罪判決を受けて辞職、再選挙となった(時事通信フォト)

 若者はいろいろなものから「離れ」ているとたびたび言われてきたが、そのひとつに「政治」があった。選挙への関心や投票率、日頃の政治に関する話題に興味が薄いからというのだが、今では無関心から失望へと姿を変えて全世代に広がってしまっているようだ。ライターの森鷹久氏が、4月25日に投開票を終えた参議院広島県選出議員再選挙で、かつては熱心に選挙応援に加わっていた中高年の失望についてレポートする。

【写真】夫の河井克之元法相

 * * *

 諸外国と比較しても、政治に対する関心が低すぎると指摘される我が国の国民性。かつては「一億総中流」などと言われ、政治に関心を持たなくても一定水準の生活が出来たことに無関心の原因がある、という見方もあるが、本当にそうだろうか。国民が、あまりにもお粗末な「政治の実態」を目撃し、嫌気がさしている、というのが実情ではないか、そう思わせるような騒動が、広島県内で起きていた。

「私は今も自民党支持者ですよ、それは間違いない。ただ、自民党が素晴らしいから、というわけではありません。消極的な支持、です」

 広島県内の機械製造工場経営・松本寿彦さん(仮名・50代)は、父親の代から自民党を応援してきた支持者。党員ではないものの、選挙のたびに自民関係者に協力し、票を投じてきた。

「戦後復興も自民党じゃないとなし得なかったし、一時期、与党が交代したりもしたが、あまりにもひどかったのは皆さんもご存知のはず。結局のところ、自民党を応援することが国益にも、自分の利益にもつながる。日本国内、どこでもそうでしょう?」(松本さん)

 だが最近は、松本さんの信念を揺るがすようなことばかり起きている。

 河井克之元法相、妻の案里元参議が、公職選挙法違反(買収)の容疑で逮捕、起訴されたことは既知の通り。案里元参議の辞職に伴い今月25日に行われたのが、参院・広島選挙区の再選挙である。元々保守派が強い地盤であったというが、公示後の報道でも、自民候補者と野党が推す女性候補者の支持率は拮抗。そんな中、松本氏の元には早速、自民党関係者からの「お伺い」の連絡が次々に入っていた。

「河井さんが悪いとは誰でも思っている。でも、お金を受け取った自民系の県議などは、誰も罪に問われていません。そんな県議たちが選挙応援までしている。反省はしているとしても、河井さんたち以外、誰一人責任を取っていないんですよ。そんな状態で自民を応援するということは、今の自民党を、広島の自民党を肯定することと変わらない」(松本さん)

あなたが信頼回復と言って誰が信用するの?

 同じような葛藤を筆者に漏らしてくれた人は他にもいる。同じく広島県内で複数の飲食店を経営する町田寿美子さん(仮名・60代)も、元は熱狂的な自民党支持者だったが、今回ばかりは「いい加減にして欲しい」とため息をついた。

「地元の商工会から青年会議所まで、みんな自民支持なんです。とはいえ2009年に政権交代した時、戸惑いながらも『もう少しマシになるのかな』なんて思ってたから、野党(当時の与党)のあまりのいい加減っぷりに裏切られた感じがしましたよ。この人、この政党に任せたいというより、やっぱり自民しかない、と思ったんです」(町田さん)

 しかし今回、金をバラまいた河井夫妻のみが逮捕され、金を受け取った自民系議員、そもそも買収資金の出所とされる自民党本部の関係者は、誰一人として逮捕も処分もされていない。原因究明すら有耶無耶になっていることに大きな違和感を持ったという。

「再選挙に向けて、いろんな人がかけずり回っていますでしょ?うちにも自民支持者の商店街の役員が来ましたが、今回ばかりは強くお願いできないとため息をついていました。河井さんからお金をもらっていたある議員が挨拶していて、私たちも表向きは頑張ってほしい、と声をかけますが、内心では、河井さん一人悪者にして卑怯だな、と。知人とはまた金でも配らないと当選は難しいよね、と笑うくらい。かといって、野党を支持するのも難しい。あの人たちも、結局責任を取らないことは政権交代時にいやと言うほど思い知りましたので。もう選ぶ先がないんですよ」(町田さん)

 実際、広島県内の自民党関係者からは次のような嘆きが相次いでいた。

「『信頼回復のために』と応援のお願いに回るのが、河井さんから金をもらっていた県議なんですよ。支援者からも、あなたは辞めてないじゃない、あなたが信頼回復と言って誰が信用するの?とかなり手厳しい指摘を受けており、票読みでも相当に厳しい」(自民党関係者)

 まさに「誰も責任を取らない」ままに進んだ選挙戦。日本政治の悪い部分を凝縮したような光景だが、広島の実情を我々は笑えない。国民の信任を得て、責任を果たすはずの議員たちが、恥も外聞も捨てて選挙応援に奔走する彼の地の現実は、我々の住むエリアの明日の姿に違いない。再選挙を取材する大手紙記者は「国民の政治離れの一番大きな原因」が広島に現れていると筆者に話す。もちろんそれも大きな要因だろうが、先に触れたように、ジャーナリズムの衰退も関係しているように思える。

与党や野党ではない「第三」の選択肢

 買収資金の出所は今もわからず、河井夫妻の逮捕で幕引きされ、メディアやジャーナリストたちの追及も腰砕けになったまま。失望した国民が政治から離れていくのも当然なのだ。ネット上には、ジャーナリズムの弱体化を嘲笑うようなコメントが並んでいるが、この状態が続けば、社会に不利益が生じることは明らかだ。とある野党の本部スタッフを務める中西優子さん(仮名・50代)が説明する。

「少し前までは、右派に近しいメディアが報じたことに、左派メディアや私たちが反応し、一斉に反論をする、という流れは確かにありました。地方選挙でも同じようにしてやってきたし、SNS時代になると、エリア外の党員や協力者を呼び寄せて、できるだけ大々的に、世論を巻き込む形で運動をやってきました。でも最近は、いくらコロナの影響があるとはいえ、集まる人は少ない。反原発デモ、反差別デモもそうです。そうなると、メディアの取材も減る。呼んでも『人がいない』と来ないし、私たちのやる気もどんどん下がる。現場にきて、(デモなどで)声をあげる人は少なくなった。選挙前の運動も同じです」(中西さん)

 人員や取材経費の余裕がメディア側にあれば、今は人が少なくても将来につながる現場として取材が実行されることはある。だが、何事も無駄を省けだのスリム化だの言われる昨今では、未来へ向けた配慮を行き届かせるのは難しい。だが、そのコストパフォーマンスへの意識を反映させすぎると、ジャーナリズムそのものの衰退を招く。その結果、権力に対するチェック機能が弱まり、取り返しがつかない事態へと進む可能性もあるのだ。

 例えば、アメリカでは地方新聞などのローカルジャーナリズムが衰退の一途を辿り、議会や行政への監視体制が縮小されたり、中には全くジャーナリズムが機能していない空白地帯も発生している。その結果、何が起きているかというと、地方議会における汚職の横行である。ジャーナリズムが機能せず、市民が政治に関心を抱くきっかけ自体が減る。まさに日本でも同じことが起きているといえるのだが、ここを是正すべきとか、もっと強化しろという声はあまり聞こえてこない。

 もちろん、だから「野党に注目すべき」ということにはならない。野党においても、かつての失敗について責任を果たさないまま今なお「政治家風」を吹かせている人が多くいることを、国民はよく知っている。そうして「選択の余地なし」と感じた国民や有権者たちの一部は、既存の与党や野党ではない「第三」の選択肢を見出そうとするのだが、やはり一票を投じるに値する候補は少ない。そうなると実現不可能、荒唐無稽な公約を掲げる落下傘候補、ネットメディアで目立つことのほうが目的のような自称タレント候補、こうした人々に公認を出すよくわからない政党に票が流出し、収拾がつかない状態になっている。そして彼らに対して、既存の与野党以上に、国民に対する責任を果たす能力は期待できないと思いつつも、面白半分で彼らを支持する。

 大手メディアは今回の選挙戦を「最注目の広島再選挙」などと喧伝していたが、今回の投票率は前回より8%も低い21%程度と激減。野党候補者が自民候補者に4万票弱の差をつけて競り勝ったが、地元有権者の関心は恐ろしく低く、政治に対する期待感はゼロに近い。与党も野党も、それ以外の候補者も、責任を取る人は誰もいないのだから、政治離れというより国民が「見切った」ことによる「政治崩壊」が起きている、と言った方が正確なのだ。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  6. 6

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  7. 7

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  8. 8

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。