記事
  • SmartFLASH
  • 2021年04月28日 14:27 (配信日時 04月28日 06:00)

氣志團 綾小路翔、原点は「“パンクヒーロー”とんねるず」今も心は“終わらない放課後”/デビュー20周年インタビュー後編

コート(SAUNA°F°C)、ジャケット/パンツ/シャツ(diet butcher slim skin)、シューズ(milkboy)、アクセサリー(PUERTA DEL SOL)

「コスプレイヤーなのかな?」って思うんです――。
 デビュー20周年を迎えた氣志團の綾小路 “セロニアス” 翔は、ときに自分自身をそう考えるという。カリスマヤンキー、「DJ OZMA」、女装……そのときどきで顔を使い分けてきた彼が、前編に続き「戦略」を明かす。仏恥義理(ブッチギリ)で行くぞ!

 綾小路を語るうえで、氣志團、DJ OZMAに続いて外せないのは、石橋貴明(59)・木梨憲武(59)の「とんねるず」とともに扮した「矢島美容室」だ。

――とんねるずは、憧れの存在だったそうですが。

「氣志團も含めて原点は、とんねるずにあるんですよ。僕がいちばん『(とんねるずの)みなさんのおかげです』(フジテレビ系)を観ていたころのコントドラマのなかに、とんねるずが演じた『矢島工務店』というロックバンドがありました。

 その矢島工務店は型破りで、田舎の不良高校生たちが音楽に目覚めて、今までのバンドのルールとかを無視したパフォーマンスを見せて。それがどんどん世の中に認められ夢に向かって突き進む……という “成り上がり” のストーリーだったんです。

それを当時の僕は『めちゃくちゃカッコいい』と思ったんです。もう、お笑い芸人というより “パンクヒーロー” を見ているみたいでした」

――憧れの2人とは、どのようにして出会ったんですか?

「2007年にOZMAとして、『みなさんのおかげでした』の『食わず嫌い王』に出たときです。音楽を始めたきっかけとして、矢島工務店の話をしたら、貴さんも憲さんも『よく覚えているな』と驚いてくださって。

その流れから、『じゃあ、“矢島” やる〜?』という感じで話が進み、最終的に『矢島美容室』が生まれました」

――最終的には、松田聖子さんともコラボしていましたね。

「冷静に考えたら、あり得ないことをやっていましたよね。やっぱり、とんねるずの “身のまわりから生み出すパワー” ってすごいなと思います。

『野猿』も、そもそも番組のスタッフを集めただけというあり得ないダンスグループなのに、それをスターダムに押し上げた。そういう “内輪ノリ” を突き詰める発想は、氣志團でもOZMAでも、影響を受け続けてきたと思います」

写真右から西園寺瞳、早乙女光、綾小路、白鳥松竹梅、星グランマニエ

――内輪ノリに近いかもしれませんが、氣志團は “ヤンキー文化” だけでなく、“地元愛” も大切にしてきました。

「『地元には、絶対に恩返しをしなきゃいけない』と思ってるんですよ。やっぱり、あの地域ならではの特殊な環境が、我々を形成してくれたので。『木更津の人間は、みんな氣志團みたいな人だと思われて嫌だ』という声も聞きますが……地元のみんな、ごめんよ(笑)。

 ただ、ずっとあの場所で『氣志團万博』をやっているのは、自分がガキだったころは、あの界隈に来てくれるアーティストは、ほとんどいなかったから。開催することで地元のコたちに『 “モノホン” のミュージシャンたちの、とてつもない生演奏を体感させてあげたい』というのがあります」

――これまで氣志團、OZMA、矢島美容室と、さまざまな顔を駆使してきました。次に目指したい姿はありますか?

「自分の人生とは、『小僧のころに描いた夢をいくつかなえられるか?』というゲームだと思っているんです。『アイドルとつき合う』とか『ロサンゼルスに別荘を買う』とか『ティファニーで朝食を食べる』とか。そういった照れくさい野望が、まだ7万個くらいありますので(笑)。

 でも、よくよく考えたら、今までも『紅白』に出たり、東京ドームでコンサートやるとか『 “中坊の発想” みたいな夢をかなえたりもしてるんだな』って思うと、ちょっとウケるよね。

 自分はずっと “終わらない放課後” にいるんです。言うなれば、永遠の中二病ですよね。これからも、このままみんなでワチャワチャやっていければと」

きしだん
綾小路翔ら千葉県木更津市出身メンバーを中心に、ヤンキーとパンクの融合「ヤンク・ロック」を掲げ、結成されたロックバンド。2004年、2005年と2年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場。「氣志團万博」は2003年に初開催し、これまで計11回開催されている

あやのこうじ“せろにあす”しょう
4月26日生まれ千葉県出身 「氣志團」のメインボーカル。DJ OZMA、矢島美容室のナオミ・カメリア・ヤジマの顔も持つほかに、氣志團の弟分「微熱DANJI」のプロデュースも手がける。2019年に「みうらじゅん賞」受賞

●デビュー20周年記念の第1弾として、筒美京平トリビュートアルバム『Oneway Generation』が4月28日に発売

●全国30公演を巡る、「センチメンタルライブハウスツアー2021『緊急密会宣言』」も開催中
「今回のツアーは2001年〜2009年編と、2010年〜2021年編の二部構成になっていて、バンドの移り変わりが見られるのが、いちばんの見どころです。コロナで不自由な環境でのライブだけど、絶対に楽しませますよ」(綾小路)

●「氣志團万博2021」開催決定! 2021年9月中旬、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて。詳細は後日発表

(週刊FLASH 2021年5月11日・18日合併号)

あわせて読みたい

「氣志團」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  9. 9

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。