記事

元テレ東の佐久間プロデューサーだけじゃない!退社するテレビマンが抱えるメディアへの本音

2/2

テレビとYouTube、ギャラが高いのはどっち?


テレビ局を辞める人たちに対して僕が気になるのはお金の部分。余計なお世話ですが「妻子持ちでフリーになってお金は大丈夫なの?」「テレビ局員って高収入だよね?それを失うのは怖くないの?」と聞いてみたところ「それほど収入は下がらない」との回答でした。「ディレクターは高望みしなければ仕事の需要はいくらでもあると思う」とのこと。

これを聞く限り、今後もテレビ局員が退社する流れは加速していくでしょう。芸能プロダクション同様、テレビ局にとっては長年にわたって育成してきた優秀な人材が次々と流出してしまうのは由々しき事態。副業を解禁するだけでは防げる問題ではない気がします。人材流出の対策についてテレビ局の上層部に聞いてみたいところです。

では、テレビ局員以外のテレビマンは現在どんな状況か?これは想像通りかと思いますが、フリーのディレクターや放送作家はテレビ以外の仕事に着々と触手を伸ばしています。先ほど述べた「裁量権」「自由」という部分ではテレビ以外のメディアの方がそれらを強く感じられるのは放送作家も同じです。ただし、金銭面に関していうとテレビには劣ります。

1つのコンテンツにかけられる制作費やギャラは様々なメディアの中でテレビが最も高いです。あくまで僕個人の見解ですが、ギャラの相場でいうと…地上波テレビ>BSテレビ>ABEMA>YouTubeといったイメージ。あくまで関わる番組によりますが。

改めてテレビというメディアの巨大さには恐れ入る思いです。視聴率1%の番組でも100万人近くの人に見られるわけですから、メディアの王様であることは変わりません。テレビ局を退社した元局員も「テレビはやっぱり凄い」「テレビは面白い」と話しています。

動画編集を覚える放送作家が増えた3つの理由


放送作家に最近起こっている小さな変化としては「編集を覚える放送作家が増えた」ということが挙げられます。僕もそのうちの1人です。これは人によって理由が異なるかもしれませんが、大きく3つあると思います。

1つは、放送作家という職業の需要減少を危惧したため。放送作家はテレビに潤沢なお金があったから生まれた職業だと個人的には思っています。

放送作家の主な役割である「企画を考える」「台本を書く」という2つの仕事はディレクターでも出来ることですし、実際にやっています。この2つにはテクニカルなスキルは必要ありません。パソコンさえあれば放送作家には誰でもなれてしまいます。

制作費が潤沢にあるから「企画を考える」「台本を書く」という2つに特化したスペシャリストである放送作家を1つの番組で5〜6人も雇ってきましたが、今後制作費が減っていく中で放送作家にかけるコストが削られていくのは間違いないでしょう。そこで放送作家も編集を覚えることでディレクターのお手伝いが出来れば将来的に仕事がもらえるのではないかという目論みはあると思います。

そして2つ目は、YouTubeの仕事が増えたことが挙げられます。動画コンテンツを作るにあたって最も時間がかかるのが編集作業。ディレクター1人で週に2〜3本の動画を編集するのは大変です。それでもテレビのようにディレクターを何人も雇うほどの資金的な余裕は人気チャンネルでない限りありません。

そこでチャンネルを担当する放送作家が編集も担うことが増えているわけです。放送作家の仕事を始めた時からYouTubeが存在した今の20代前半の放送作家は編集も出来て当たり前という空気があるようです。

そして3つ目。多くの放送作家にとってのコンプレックスが自分の作品と呼べるものがないということ。自分が発案した企画ですら、テレビではディレクターの作品となってしまいます。

ただ、放送作家としてそこに文句を言うつもりはありません。事実、テレビ番組の面白さはディレクターの力による部分が大きいと思います。

それを認めながらも、自分の作品が作りたいという忸怩たる思いを抱えながら生きてきたところ、時代の変化がやってきたわけです。

どういうことかというと、YouTubeなどの出現で作品を発信するハードルが下がってきた今、放送作家も自分で企画を考え、現場を演出して、それを編集した自分の作品を発信することが出来ます。

収益を生むかどうかは別として、どこかに企画を通さなくても自分がやりたい企画を具現化して発信することが出来るようになりました。実際にYouTubeでヒットチャンネルを作っているテレビマンが何人もいます。「あの企画、おれも思いついていたのに通らなかったんだよ」「テレビ局員じゃないとなかなか演出になれない」といった言い訳が出来ない時代になりました。

5年後には放送作家兼ディレクターという肩書も珍しくない気がします。それどころか放送作家兼ナレーター、放送作家兼デザイナー、放送作家兼MC、放送作家兼YouTuberといった人たちも増えてくるでしょう。

10年前までは放送作家がテレビ以外のジャンルの仕事をすると「あいつ何やってんの?」「テレビの仕事をちゃんとやれよ」「都落ちした奴ね」などとヒソヒソ言われていたのが、むしろジャンルを越境していることでの知識や経験がその人の価値を上げる材料となっています。

そう考えると今の自分と価値観の違う働き方に出くわしても皮肉は言わないようにした方が得策でしょうね。10年前に他人のことをヒソヒソ言っていた人は、過去の自分の発言を忘れたフリをしてYouTubeとかやっていると思います(笑)。

僕から見た最近のテレビマンはこのような感じですが、数年後にこの記事を見た時に自分で何を思うのか?「あ~、あの時はそういう時代の変わり目だったね~」「あそこから色々変わったよね~」などと言っているのでしょうか。今後、テレビ界やテレビマンがどうなっていくのか?時代の波に身をゆだねながら楽しんでいきたいと思います。

深田憲作
放送作家/『日本放送作家名鑑』管理人
担当番組/シルシルミシル/めちゃイケ/ガキの使い笑ってはいけないシリーズ/青春高校3年C組/GET SPORTS/得する人損する人/激レアさんを連れてきた/新しい波24/くりぃむナントカ/カリギュラ
・Twitter @kensakufukata
日本放送作家名鑑

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  6. 6

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。