記事

「経営者」として牧場を再生させた紗栄子の手腕

栃木の「那須ファームヴィレッジ」の経営を立て直した紗栄子。

 桜の満開が東京よりも少し遅く訪れた栃木県の那須。のどかな畑が続く道を行くと、東京ドーム11個分の広大な牧場『那須ファームヴィレッジ』がある。

【写真】紗栄子の近況ショット。馬にギュッと抱きついて、馬も幸せそう

「いまお馬さんにおやつをあげるところだったんです」と、出迎えてくれた紗栄子は、昨年8月からこの牧場の経営者として働いている。ほぼすっぴんに少し泥がついたトレーナーというカジュアルなワークスタイル。牧場に遊びに来ている家族連れや若い女性達はすぐ気づき、

「紗栄子さん、ほんとにいる!」「一緒に写真撮ってもらえますか」と声をかける。その一人ひとりに気軽に応え、牧場のカフェや厩舎で働くスタッフからは、「社長、ちょっといいですか?」と呼びかけられ、細かく対応していく。

 同世代の女性達のトレンドセッターとして絶大な支持を得、ファッション雑誌の表紙など華やかに飾ってきた紗栄子。2人の息子の留学のため2017年にロンドンに移住した彼女が、住民票を栃木県に移し、那須の牧場を運営すると報道された時、なぜ突然? と驚いた人も多いかもしれない。でも実際に牧場でスタッフたちと草をむしり、馬達にえさをやり、動きまわる紗栄子の姿は、とても自然に溶け込んでいた。

「しばらくは那須に腰を落ち着けるつもりです。東京でお仕事がある時は通って、子供達が今はオンライン授業で宮崎の両親のところにいるので、那須・東京・宮崎の3拠点にして。どの場所もそれぞれのよさがあって気持ちも切り替えられるのでこの生活、なかなかいいんですよ」

 もともと、紗栄子がプライベートで乗馬をするために訪れていたというこの牧場。昨年5月に、経営者が変わり従業員の雇用やそこにいる馬たちの行く末が危ぶまれていると聞き、いてもたってもいられなくなったという。

「牧場経営するなんて、これまでの人生でもちろん考えていなかったけれど、なんとかならないかと従業員の相談を受けるうちに、もう私がやるしかない!と背中を押される気持ちで決断できました」

 世の中はコロナ禍だったにもかかわらず、やるからには本気で向き合おうと昨年8月には那須へ移住。行政とのやりとりや、荒れた土地の修復など自ら駆けまわった。そして、従業員10名と馬たち19頭はそのまま残れることになった。 

「ここにいるのは、高齢やケガで活躍できなくなってしまった元競走馬や元競技馬。そんな子たちが余生をゆったり過ごせるように、厩舎を増やしてもっと受け入れられるように計画してます」

 一次産業に興味はあったが、経営について学んだことがなかったので、経営者の両親に教えてもらったり、経営の本を読んで勉強したという。ファームの最高齢従業員は74才の男性。芸能人としての紗栄子の活動をよく知る世代ではないかもしれないが、「『若くて元気のいい子が何かがんばってるな』って、あたたかい目で迎え入れて助けてくれています。ファームの仕事については、みんなと一緒に早朝から夕方まで体を動かして覚えていきました。

 とにかく知らないことばかりで。ビニールハウスとか芝生の種の値段とか、畑へ引く水道管の修理費もすごく高いとか。『ポンプは中古でいいからもっと安いのないかな』なんて探したり。この前からベテランスタッフに『トラクター買って』とせがまれているんですが、車と同じくらいするんですよ!(笑い)」

 那須ファームヴィレッジへの入場は無料。広大な敷地の整備、管理だけでも莫大な費用がかかっているはず、と訪れてみればすぐわかるが、収入源はホーストレッキングや馬との触れ合い体験、トラクターツアー、レストランと週末だけオープンするカフェ、オリジナルグッズの販売。あとは芸能活動の収益から補填しているという。

「地元の方にも気軽に来ていただきたいので、入場料はいただかずになんとかがんばっています。東京や遠方から来てくださる方も、ファームの自然や馬たちに触れて癒されたと言ってくださるのがうれしい。今は私が“客寄せパンダ”と言われても皆さんにまずはファームの魅力を知っていただいて、そしていずれはファームが自走していけるようになるのが目標です」

 昨年のリニューアルオープン後、冬へ向かって自粛ムードが高まり来場者が減ってしまったこともあったが、「スタッフと『このままじゃまずいよ!』と知恵をしぼってオリジナルグッズを開発。来られない方たちにもファームの風を届けられるように、とECを始めました」

 紗栄子自ら生産者のところへ足を運び、選び抜いた商品はデザインや発送もできる限り外注せずに自分達で行い、極力コストカット。「いいと思う気になる物があったら、生産者を調べて『紗栄子と申します』って自分で電話して確認したりします。製造場所まで直接見に行くので『ほんとに来たの!?』ってよく言われるんですよ(笑い)」

 さらに、ボランティア活動を続けていることでも知られる紗栄子。2019年には一般社団法人『Think The DAY』を立ち上げ、代表として社会支援活動に取り組んでいる。

「2010年の宮崎の口蹄疫をきっかけに個人で活動をしてきましたが、2019年の台風被害を目の当たりにして、個人の力では追いつかない、自分がプラットフォームとなって人と人をつないでいく形をつくろう、と一般社団法人を立ち上げたんです。賛同してくださった皆さんのおかげで、その時には4トントラック15台分の物資を被災地に届けることができました。最初の頃はこうすればよかったとかいろいろ反省点もありましたが、10年以上やってきたらもう“売名行為”と言われることもなくなりました。芸能のお仕事をしているからこそ、私の名前を知ってもらえて応援していただける、そのお返しを少しでもできたらという気持ちです」

 これまで被害の現場を訪れてきた経験から、災害が起こってしまった時の支援と災害に備えるための活動、自宅待機用備蓄セットや防災セットの販売も行い、利益は支援活動への寄附金に充てている。

「防災セットに入れるグッズは、被災地でも少しでも心が安らげるような食事や生活アイテムにこだわって厳選しました。各企業さんにご協力いただけたので、もうフルマックス。通常ではこの値段では買えない、という内容になっています」

 2000年にデビューして20年以上たつ紗栄子。「芸能人として、次のフェーズに入ったと思っています。芸能界のお仕事で得られる発信力、影響力を正しく使って、私の役割は何なのか、これからも答えを見つけていきたいです」

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  8. 8

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  9. 9

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。