記事

「中の人」視線を文字にできない不甲斐なさが今年の反省

実は今年は例年になくブログのエントリーが少なかった岩永です。それは実はちゃんと認識しているのですが、何かと通信関係が絡むモノゴトの方が変化が大きい今日この頃、通信産業の末席で録を食む立場から諸々触れにくいことが多く、しかも悪いことに自分の眼につくことっていうのはやはりその周辺が何かしら絡んでることが多くて…

とは言え、何かしら視点を変えつつ見え方を変えつつ、いわゆる「中の人が見ている状況」を各方面に問題が起きない形で文字にできないかなと思い続けていながら上手くゆかなかったなと反省する2012年の大晦日を迎えています。

  ちなみにその中で一番の反省点は、敢えてあまり詳細に解説を加えることなく事象についての評価を軽く書いたら「素人が何を言っているんだ」的な指摘を受け、逆にきちんと正確に適度に詳細に書いたら「オタクの御託だ」的な指摘を受けるということが (実はブログ上以外のところでもあったんですけれど) なんどかあったこと。もちろんそれぞれで何故そういう書き方をしているかについては自分が一番よく理解してますから何を言われても別にどうってことないし、敢えて個別には一切反論しないことにしていますが、プロとして関与している範囲の中の話について詳しくなるのは当たり前ですし、たとえば同じ報道や解説の記事から受けとる情報の理解も異なるんですけれど、それについてオタクと言われてもなぁくらいは思ったりはします。

だからと言って書き方を変えることができるかというとそれは内容的に非常に難しい場合もあったりするんですよと言い訳をしたりもするのですが、たとえば世の中一般に言われてることと事実関係が異なる場合ってのが割とあるのが最近の通信周りの業界だったりしますし、もちろん当事者だと言えないことや、その近くにいると話題に触れることで誰かにご迷惑をかけてしまう可能性がある場合も少なからずあるのも事実なのですが、それでもここは言い訳だけに終始しちゃいけないなぁと思いなおしています。

ということで昨今はオルタナティブブログのブロガーとして機能しているのかどうかがさっぱりわからん状況ではある岩永ですが、ここに生存確認として今年の反省をすると同時に、新たな年にはもう少し思うところを文字にしてゆこうという決意を新たにしている大晦日です。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  5. 5

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  6. 6

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  9. 9

    丸山議員の姑息な論点すり替え

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。