記事

何事も答えは一つではない。背景に思いを巡らす想像力が大切 - 「賢人論。」第137回(前編)湊かなえ氏

1/2

2008年のデビュー作『告白』で第6回本屋大賞を受賞。その後は『少女』(2009年)、『贖罪』(2009年)、『Nのために』(2010年)、『夜行観覧車』(2010年)とベストセラーを連発し、これまでに映画化・ドラマ化・漫画化された作品は20作以上の超人気作家・湊かなえ氏。ミステリー界で“イヤミスの女王”として君臨する同氏が放つ最新作『ドキュメント』は爽快な青春小説で、新たな作風で挑戦を続けている。デビュー当時から常に読者を魅了する作品を生み出すきっかけは過去のある出来事であったと語る湊氏。作品づくりに掛ける思いと、人とのかかわりの中で得た人生の気づきについて話を伺った。

取材・文/盛田栄一 撮影/丸山剛史

最初の読者に楽しんでもらえる作品を書きたい

みんなの介護 2021年3月25日、湊さんの最新刊『ドキュメント』が発売されました。2018年刊行の『ブロードキャスト』の続編で、高校部活シリーズ第2弾になります。湊さんといえば、『告白』『少女』『贖罪』などに代表される“イヤミスの女王”として有名ですが、最新刊は爽やかな青春小説でした。作風が大きく変化したのはなぜでしょうか。

 私は作品を書くとき、最初に掲載される媒体を常に意識しています。

書き下ろしの単行本であれば、私のことを知っている読者が多いと思うので、皆さんの期待を裏切らないよう、ミステリー小説を書きます。しかし、前作『ブロードキャスト』は私にとって初めての新聞連載でした(注:神戸新聞ほか7紙で2017年1月から2018年3月まで連載)。おそらく「湊かなえ」を知らない読者が大半で、しかも年齢層も幅広いので、多くの人に楽しんで読んでもらえる作品を書きたいと思いました。もちろん、“イヤミス”なんてもってのほか。新聞を開く朝から、読者の方をイヤな気分にさせるわけにはいきません(笑)。とにかく前向きで、明るい物語を書きたかったんです。

みんなの介護 読者として幅広い年齢層の方が想定される中で、特に意識されたところはありましたか。

 今回の作品を一番読んでほしいと思っていたのは、中学生や高校生などの若い読者です。近年、若者の新聞離れが問題視されていて、事実、当時中学生だった私の娘も、新聞をまったく読んでいませんでした。そこで、小説の主人公を高校生にして、学校を舞台にした物語にすれば、若い世代の人たちも興味を引かれて読んでくれるんじゃないかと考えました。

放送部を題材にすることで社会問題に触れたかった

みんなの介護 『ブロードキャスト』と『ドキュメント』は、ある高校の放送部が舞台になっていますね。なぜ、放送部のことを書こうと思ったのでしょうか。

 理由は二つあります。

一つは放送部は普段からすごく面白い活動をしているのに、それが世間にほとんど知られていないのはもったいない!と思ったからです。小説家としてデビューする前の一時期、私は淡路島の高校で家庭科の非常勤講師をしていました。その高校がNHK杯全国高校放送コンテストの常連校だったのです。放送部の活動を近くで見聞きして、ぜひ放送部を取り上げた作品をつくりたいと強く思うようになりました。

もう一つの理由は、放送部員を主人公にすることで、作品の中で身近な社会問題への問題提起ができると考えたからです。大会で作品を披露する際は実際の放送を想定した時間制限が設けられています。例えば、ラジオドキュメント部門は6分30秒以上7分以内、テレビドキュメント部門は7分30秒以上8分以内となっています。放送部は、その時間に収まるように番組を制作して地方大会に応募するのです。

その制作過程で、題材選びや構成に真摯に向き合う彼らの姿を小説の中で描けると考えました。また、新聞小説として書く以上、その中で何らかの社会問題を扱いたかったし、小説の中の社会問題とリアルな社会での問題がときどきリンクするのも面白いと思ったんです。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  3. 3

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  4. 4

    東京五輪で沈黙…小池都知事に「全然、都民ファーストじゃない」 豊田真由子氏「片棒を担いだと思われたくないので、反対の世論を見て振る舞いを変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「自粛疲れ」や「我慢の限界」ではなく「無意味な感染対策」に気づいた賢い国民たち

    かさこ

    05月04日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。