記事
  • ロイター
  • 2021年04月26日 20:10 (配信日時 04月26日 20:08)

中国、食品デリバリー美団の独禁法調査を開始


[北京 26日 ロイター] - 中国の独占禁止当局である国家市場監督管理総局(SAMR)は26日、同国の食品デリバリー大手、美団に対する独禁法調査を開始したと発表した。

同国政府はインターネットプラットフォーム企業に対する取り締まりを強化している。

SAMRは、取引先の企業に対して、ライバル企業とは取引しないよう「二者択一」を求める慣行を中心に調査を進めると表明。

美団は、調査に協力するとし、業務は通常通り行うとの声明を発表した。同社は今月、株式や転換社債の売却を通じて100億ドルを調達した。

SAMRは今月、同じ「二者択一」の慣行を理由に、同国の電子商取引最大手アリババ・グループに、過去最高となる27億5000万ドルの罰金を科した。

また、美団など、インターネットプラットフォーム企業34社と会合を開き、自社のプラットフォームのみの使用を業者に強要するなどの禁止されている行為を中止するよう指示した。

北京の法律事務所、アンリ・パートナーズのパートナー、Zheng Wei氏は、「当局は、巨大インターネットプラットフォーム企業が支配的地位を利用して、法律や司法のプロセスなどガバナンスに影響力を及ぼすのを阻止するのを目指している」と述べた。また消費者や従業員、中小企業への影響をそぐのも当局の狙いだとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。