記事

2012年 10大ニュース、そして今年もお世話になりました。

Food Watch Japanさんの年末企画、食の10大ニュースが今年も発表していました。

《特別企画》2012年食の10大ニュース[一覧] | Food Watch Japan

http://www.foodwatch.jp/strategy/16530

こちらでも、便乗的に10大ニュースをあげてみましょう。なお、取り上げた順位には特に意味はありません。



あずきばっとうを原因食品とするボツリヌス食中毒

数年ぶりに発生したボツリヌス食中毒。ボツリヌスといえば、私の世代なんかは熊本で発生した辛子蓮根による食中毒の記憶が焼き付いています。

厚生労働省 ボツリヌス食中毒事例の発生について

スーパーや観光地のお土産屋さんには真空パック包装の食品が多数陳列されています。一見同じような見た目でも、それらの中には常温保存可能なものから、要冷蔵のものまで様々なものがあります。また、食べる際にも加熱が必要なものからそのまま食べていいものがあります。

その中で、容器包装詰低酸素食品というもので、今回の事故は発生しています。厚生労働省はあらためて対策に乗り出しました。

厚生労働省 真空パック詰食品(容器包装詰低酸性食品)のボツリヌス食中毒対策



食品中の放射性物質、新基準値へと移行

4月 食品中の放射線新基準がスタート(一部の食品では移行期間に猶予が設けられる)

厚生労働省 東日本大震災関連情報 食品中の放射性物質への対応

500Bq/kg→100Bq/kgへの移行に際し、生産者は多大なる努力をはらわれたことと思います。ここに、あらためて感謝の意を示します。

新基準への移行は消費者にも安心感をあたえたのか、サイエンスライターの松永和紀さんも、講演の際の消費者の反応が新基準の前後で変わったとおっしゃっていました。しかし、まだまだ食品への放射性物質汚染の対応には混乱がみられます。混乱を象徴する1つの事例として、神奈川県で学校給食の冷凍ミカンに放射性セシウムが検出されたことに端を発した騒動があります。この事例では市によって対応が大きく分かれました。

横浜市 学校給食の冷凍ミカンについて

川崎市:市長会見記録 2012年9月4日

一方で、実際の食事から摂取する放射性セシウムはごくわずかで、対策が効果をあげていることを示すデータも数多く出ています。

コープふくしまでは組合員さんの協力を得て、陰膳方式により実際の食事に含まれる放射性物質測定を進めています

この混乱は来年も続くのでしょうか?


ウェルシュ菌による食中毒多発

昨年からウェルシュ菌による大規模食中毒が多発し、厚生労働省も継続して対応をおこなっています。

厚生労働省 矯正施設におけるウエルシュ菌食中毒対策について

厚生労働省 矯正施設の給食に係る衛生管理教育への協力依頼について

事故のあった施設は、地理的には離れているので偶然かもしれませんがちょっと気になるところです。皆様も、冬場のシチュー作り置きなどにはご注意下さい。



食品表示一元化をめぐる狂騒

1年がかりで行われた消費者庁の食品表示一元化検討会、ようやく報告書がまとまったものの、委員を輩出していた消費者団体自ら報告書をしようという動きをはじめ、ついには再び意見交換会が開催されるまでになりました。消費者団体の出身である阿南・消費者庁長官の就任、民主党から自民党へ政権が移ったことなど、様々な要素に今後も翻弄されるような気がしてなりません。さて、来年は法案が国会提出されます。どのような形に着地するのでしょうか。

消費者庁 食品表示一元化検討会情報

FOOCOM.NET http://www.foocom.net/category/secretariat/foodlabeling/

:title=食品表示・考]

レバ刺し禁止

昨年の牛肉の生食に続き、肝臓の生食も禁止されました。禁止直前のマスコミの煽り報道と駆け込み需要による食中毒、その後の代替食として、豚レバ刺しが供されていることが報じられるなど、報道・事業者の姿勢についても疑問を感じさせられました。一方、レバ刺しを安全に供するために、放射線照射にも注目が集まりました。

厚生労働省 牛肝臓の取扱いについて

厚生労働省 食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(牛肝臓)

厚生労働省 牛の肝臓の基準に関するQ&A

厚生労働省 豚レバーの提供に関する指導等について

食品安全委員会 牛肝臓の生食に係る食品安全基本法第24条第1項第1号に基づく食品健康影響評価について


浅漬けによる腸管出血性大腸菌食中毒

本件は、あらためて浅漬けが伝統的な漬物とは似て非なる食品であること、発症菌量が少ない腸管出血性大腸菌の恐ろしさを印象づけました。また、その後の調査から漬物の製造事業者には衛生管理が不十分なところも多いことがわかってきました。漬物業界に限らず、同様の問題を抱える業界は早期に管理の見直しを図ったほうがよいでしょう。

厚生労働省 浅漬の製造を行う施設に対する立入り調査について

厚生労働省 漬物の衛生規範の改正等について


食品衛生法に基づく安全性審査を経ていなかった遺伝子組換え微生物を利用した添加物問題

昨年末に発覚した、遺伝子組換え微生物を利用した添加物の問題。安全と言うよりも、日本と海外の制度のアンマッチによる問題と言えるでしょう。ところで、EUではこれらは遺伝子組換えとして扱わないとの事なのですが、遺伝子組換えの表示をEU並にと主張している消費者団体は、これらについてはどう扱うべきだと考えているのでしょうか。

安全性評価基準はこちら 

遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物の安全性評価基準


BSE対策の再評価について

BSE対策が平成13年10月に開始されてから10年が経過しました。その間、平成15年(2003年)以降に出生した牛からは、BSE感染牛は確認されていません。BSE対策では、未だに全頭検査が続いていますが、飼料対策や特定危険部位の除去が行われるようになって、科学的には継続する意味はほとんどありません。さて、国内検査体制、輸入条件といった対策はどうなるのでしょうか。

厚生労働省 BSE対策の再評価について

食品安全委員会 BSE及びvCJDについて

モンサント バッシング

以前から、遺伝子組換え作物に対する企業への批判は多く、そのなかでもモンサントへの風当たりは強いものがありました。今年は、モンサントを批判する映画の公開や、モンサントの国内法人前でのデモなど、例年にも増して強い批判が行われました。

映画『モンサントの不自然な食べもの』公式サイト

日本モンサント株式会社 映画「モンサントの不自然な食べもの」への見解

OCCUPY MONSANTO 18S | STOP TPP!官邸前アクション

そのようななか、フランスの研究グループの研究発表が話題に上りました。もっとも実験に問題があると言うことで早々に各方面から批判が行われていました…

FSIN フランスの研究グループによる「組み換えトウモロコシの毒性」に関する論文およびそれに関する報道について

興味深かったのは、数年前のロシアのイリーナ博士の実験の際にはマスコミが取り上げたり、遺伝子組換え反対派のグループが講演会を開催するといった感じだったのですが、今回は大手メディアもほとんど取り上げず、反対派のグループからも目立った支援活動などはありませんでした。一方で、前述の映画のプロモーションとあわせて実験結果を好意的に紹介している例を目にしました。これは、反対派のメディア戦略が変化したのか、それとも偶然なのか気になっています。


自然毒食中毒多発

アオブダイによるパリトキシン様中毒や秋の毒きのこによる食中毒多発など、自然毒による食中毒も多発しました。天然=安全というわけではありあません。

厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル:魚類:パリトキシン様毒

厚生労働省  毒キノコによる食中毒に注意しましょう


さて、とりあえず私なりの10大ニュースをあげてみました。こうしてみると、新しい問題と言うのはほとんどなくて、以前からわかっている問題が繰り返し問題になっているのがほとんどのような気がします。基本的な問題こそ、地道に繰り返し対処していかねばならないと、あらためて実感する次第です。

私自身のこの1年を振り返ると、サイエンスカフェを開催することになったり、食品表示一元化検討会の傍聴録でFOOCOMのお手伝いを(これは昨年からの継続)したりと、活動の幅を広げることができました。また、そうした場で読者の方々と実際にお会いできたのも貴重な経験です。毎年、来年はどれだけ書けるのか?と心配しながらもどうにかなっています。来年も、同じようなペースで続けていきたいと思います。願わくば、緊急エントリをあげなければならないような事件・事故がおきませんように。

それでは皆様、よいお年を。

あわせて読みたい

「食の安全」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。