記事

12年周期で新しい世界に入っていく48歳は、5周目の入口に立っている

干支はなんで12年周期なのかと思うことがあります。恐らく人間のリズムが12年単位で動くことが多いから、そこから生まれたものではないか。

自分の人生を振り返っても、厳密ではありませんが12年単位のサイクルがあるような気がします。不思議なことに、12年毎に何かが変わり、新しい世界に入っていく。そんなことを繰り返しているのです。

12歳の時は、中野の区立中学に入学しました。小学校までは、勉強嫌いで算数以外の成績はまったくダメだったのですが、中学に入ってから真面目に勉強をはじめました。そして1年後の学校の模擬試験では、何と学年で1番。なぜ、急に勉強しようと思ったのかは、自分でもよくわかりません。中学に入学した瞬間、新しい世界に入って、スイッチが切り替わったのです。

24歳の時は、社会人になって、仕事をしながら、アメリカのビジネススクールに留学する準備を始めていました。当時はバブルの絶頂期でしたが、その日本にいて、終身雇用で会社に人生を預けることに本能的な不安を感じていました。とにかく海外に出て、日本との距離を置きたかった。新しい世界での2年間のアメリカ生活は、「日本の常識が世界の非常識」であることを強烈に意識することになりました。

1年若いですが35歳の時は、マネックス証券の設立に参加しました。ソニーと松本大氏が設立した株式会社マネックス(マネックス証券の前身)ができたことを知った時の、Shinoby's Worldが4月2日の日記に残っています。最初は大学のクラスメイトの挑戦を素直に応援しようと思っていたのですが、1か月後には社員4人の会社に入社して、商品開発の仕事をはじめることに。新しい世界でもがき続けること12年。グループは東証一部に上場し、その中で投資教育をはじめ様々なチャレンジをすることができました。

そして、今48歳。

12年周期の法則にしたがえば、新しい世界に飛び込んでいくタイミングです。いろいろなことをやってきましたが、実は20代の頃から、自分がやりたいことはあまり変わっていません。お金と関わり、人生の幸せの実現を考える、がテーマです。「何をするか」が変わるのではなく、「どこでやるか」が変わっただけ。常に自分のやりたいことが実現できる最適な場所を探してきたら、こんな結果になった。

人生の5周目に突入する今、今までと変わらない判断基準で、これから12年のことを考え、悔いのない選択をするつもりです。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  6. 6

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。