記事
  • 女性自身

英王室、経費削減のためヘンリー&メーガンを切り捨てか

(写真:AFP/アフロ)

The Sunday Timesによると、メーガン夫人の伝記「Finding Freedom」の増補版が8月に刊行されるという。アメリカへの移住、NetflixやSpotifyとの契約、オプラ・ウィンフリーとのインタビュー、そしてエディンバラ公の死去についても言及される。

王室に関する著作を数多く手がけてきた伝記作家のアンジェラ・レヴィン氏は、このニュースについて語るためインターネットラジオ「talkRADIO」に出演。その中でヘンリー王子のサセックス公

爵家が、王室から切り捨てられる可能性が高いと語った。

レヴィン氏によると、チャールズ皇太子はかねてより王室の規模を縮小し、経費を削減していくことを考えているという。その一環で、ヘンリー王子のサセックス公爵家を切り捨てるのではないかと推測し、こうラジオで語った。

「それは、ハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガンが王室のメンバーから外される時なのではと思っています。女王は長い間、感傷的な理由から外縁を維持することを望んできました。彼女の年齢では、これを変えたくないと思うのは理解できます。しかし、チャールズ皇太子は変化を望んでいますし、彼は実行すると私は思っています」

エリザベス女王の伯父、エドワード8世は離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚するために、周囲の反対を押し切り在位わずか325日で退位した。「王冠を懸けた恋」として有名なエピソードだが、王室と縁を切ったわけではない。

彼はウィンザー公爵に叙され、王室から年給を貰いながら生活していた。エリザベス女王の母はウィンザー公とウォリスを蛇蝎の如く嫌い、女王も距離を置いていたが、ウィンザー公の死期が近いと知ると自ら出向いて見舞った。自分の意志で王室を出て行った人に対しても、温情を持って接するのがエリザベス女王ならば、チャールズ皇太子はより実務的に今後の王室のあり方を考えているのだろう。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  5. 5

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  6. 6

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  7. 7

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  8. 8

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。