記事

白川日銀総裁の屈服ぶりに見るこの国の将来の危うさ

 安倍首相がやたらに突っ走っている。

 私はそれを「できるものならやってみろ」という気持ちで見ているのだが、最近になって見方を変えつつある。

 権力を甘く見てはいけないと。

 実際のところ、ここ数日の一連の動きを見ていると安倍新政権の動きは強権的だ。

 ことごとく民主党政権下でやろうとした事を否定している。

 民主党政権下でできなかった事をやろうとしている。

 国防軍創設や集団的自衛権行使の容認などのタカ派ぶりばかりが強調されているが、危ういのはそれだけではない。

 原発新設、オスプレイ購入、村山・河野談話見直し、TPP参加への転換、中国包囲網への協力など、あまりにも危うい。

 私がもっとも驚いたのは12月30日の産経が一面でスクープ報道していた原発事故責任者に対する立件報道だ。

 すなわち検察当局が東電経営陣や民主党政権中枢らを聴取して来春にも立件の可否を判断するという。

 告訴・告発の対象には菅首相元首相や海江田民主党代表らが含まれるという。

 これこそが政権交代の真骨頂だ。権力を手放したとたん犯罪人にさせられるのだ。しかも恣意的に。

 民主党政権下で行なわれた小沢つぶしが、今度は権力に歯向かうもの全体に及ぶことになるということだ。

 原発を推進したのは自分たちであるというのにである。

 そういえば12月25日の朝日新聞は一面トップで捜査機関に電話の盗聴を認めるという、おどろくべき通信傍受法改正の動きを報じていた。

 いまから思うとこの安倍首相の増長を許したのは白川日銀総裁の屈服ではなかったかと思う。

 すなわちインフレターゲットをめぐる安倍首相と白川日銀総裁の攻防の終り方だ。

 もしあの時、自分の考え方は違うが、安倍首相がそれが正しいと言ってそれを日銀に求めるのな従わざるを得ない、そう啖呵をきって辞任すれば世間の半分は拍手喝采したに違いない・・・

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。