記事

国を愛するということ~年の終りに

 村野瀬玲奈さんのブログを通して、今回選挙の投票日前夜、君が代と日の丸が乱舞したという秋葉原の状況や、内田樹の研究室の過去記事「愛国について語るのはもうやめませんか」を見ることができました。日本の政治は大きく右へ舵を切った、これから着々と一定の布石が打たれそうだという状況の中で、自分の立場を確かめておきたいと思いました。

 私は人を愛するということを知っているつもりです。妻を愛したので、万難を排して結婚しました。子や孫も愛しています。同様に、自分がかかわりを持つすべての人が、少しでも悲しむこと少なく、喜びの多い日々を送ってくれるよう願っています。そして自分のできることは小さくても、この願いは等しく世界のすべての人に及ぶのが正しいと思っています。

 ところがここに「愛国」という言葉が出てくると、事情は一転するのです。自称「愛国者」がいちばん元気になるのは、彼らが規定する非愛国者(昔は「非国民」という用語がありました)を非難攻撃するときです。愛国者がイメージする国民とは、自分と価値観を共有する者たちだけであって、同じ国籍を持つ人すべてではないのです。

 内田樹氏が、こうした「愛国」とは、つまるところ「分国」であり「廃国心」だと言うのは、非常に正しい指摘です。このようなものが愛国なら、特権的なコミュニティーを構築して堅固に守りを固め、外国人や非国民を徹底的に追放しなければなりません。

 私の理解では、地域ごとに成り立つ国家には、さまざまな人たちが共存します。老若男女がいて、中には病弱で役に立たない人も、周囲に迷惑をかけてばかりいる犯罪者もいます。それらすべてを含んでいるのが人の世というものです。そして人の生命は、生きることそのものに価値があると認識するのが近代の国家であると私は理解しています。

 国を愛することは、人を愛することと同じで、それ自体が悪ではありえません。ただ、特権を死守したい保守主義と結合したとき、醜悪な差別主義に転化することがあるのです。この国を愛すると自覚する人たちは、このことを忘れないでください。

 貧しい者、日の当らないところにいる人たちからも愛される国づくりは、たぶん愛国よりも大きい人類愛から始まるのです。

あわせて読みたい

「愛国心」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。