記事
  • 海老原嗣生
  • 2021年04月26日 15:41

「おぼろげな46%」問題の真相。小川アナのゲスさと、けっこうやるじゃん進次郎。

2/2

福島処理水問題

橋下「当初、前大臣が海洋放出を謳った中で、進次郎さんはそれを全否定した。そして福島の人たちに希望を持たせた。この点をまずは改め、きれいごとを言うより、本気でお詫びして福島の人たちに理解を求めるべき」

進次郎「経緯に誤解がある。引継ぎ時点では経産省さえも海洋放出を確定しておらず、様々な選択肢の中で有力としていただけだ。ここで海洋放出にする、というのは閣内不一致かつ越権行為であり、それはできない。発言をよく見てもらえば、放出しないといったのではなく、放出と決めることに反対だと言ったまでだ」

「勝ち過ぎは許さない」欧米のご都合主義

全体を通して思い出したのは、F1 のレギュレーション変更についてですね。かつて1980年代、F1レースではホンダが常勝、ロータス、ウイリアム、マクラーレンとホンダがジョイントしたチームが連覇し続けていました。勝過ぎ日本!を止めるため、ターボエンジンを禁止するというレギュレーション変更に出た。つまり、欧米のやり方というのは、どこか勝ち過ぎの出る杭が現れると、そこに不利になるように必ずルール変更をするということ。

今回の「脱炭素」もそうなのでしょう。あまりに大きくなり過ぎた中国をルール変更で苦しめるためのフォーメーションと見て取れます。SGDsなどでGAFAMが「ルールにはずれた」中国企業をガンガン締め出しているのを見てもそれは確かに明らか。

そしてね。グレタさんとか前面に出して、脱炭素=正義と見せかけているのも欧米のうまいところ。でも本当は「ルール変更で商売に勝つ」魂胆だというのが透けて見えます。だってさ、もし本気でSDGsを突き進めるなら、車はEVではなく、FCVに帰結するはずです。なのに、FCVへは舵を切っていません。理由はさ、FCVは日本が技術大国だから。つまりね、「中国を凹ませても、日本が得をしちゃあ、意味ない」からでしょう。本気の脱炭素よりも、商売の脱炭素なんですよ。

橋下さんは世俗的・ビジネス的に考えており、浮足立った運動論は嫌い。一見、進次郎は運動家に見えてしまう。ただ、その実、「ビジネスのためのルール変更」という一番世俗的な問題が根本にあり、欧米はそれを「運動」に委ねて錦の御旗を取りに行っている。進次郎はそこに気づいてるんだろうね。いや、財界はもう世界の魂胆に気づいて次の商売ルールに前のめりだから。橋下さん案外今後は、進次郎とも協調路線になるのではないか。橋下Barにもまた出てほしいし。

「炎上ネタで話題になる」ことを狙ったのかな、小川アナ

さてさて、最後に。

ここまで読んで、「あれ?進次郎ってただのポエムマンじゃなかったの?こんなに考えてたの?」と不思議に思う人が多いのじゃないでしょうか。

いや、彼は聡明ですよ。私も委員会やシンポでかつて何度も一緒していますが、情報の要点を吸い上げ、さらに半歩先の提言をするのが得意。話者の意図をくみ取るのも上手。そして、ウソはつかず潔い。だから、一緒に仕事をした人の多くは彼を支持します。ただ時折ポエム発言をするのは珠にキズ。彼もそれは承知しています。

今回の46%発言についても彼の言いたかったのは、

「経産省の梶山大臣と調整しながら、あらゆる施策を列挙し、その炭素削減想定レンジを足し上げる作業をしていた。レンジ上限を足しこんでいくと、46%までは達した。通常なら中間値の足し上げや、ミスを嫌う役人目標なら下限値足し込みになる。そこを意思をもって上限値の加算をした。だからアスピレーションという意味であり、確定ではないから”おぼろげ”だ」

と解説していました。この話には政策決定過程をよく知る橋下さんも納得していて、「周囲からもそう聞いている」と太鼓判押していた。

それだけのことなんですよ。

だとすると、疑問符が付くのは小川彩可アナ。「おぼろげなシルエットってなんですか」とまず突っ込むべきだし、そして「梶山大臣と足し上げ作業をやったのは聞いていますよ」とさらに助け舟を出すべきでしょう。

そういうのはやらず、あの、伏目にらみと沈黙、そしてため息。明らかに、「こりゃポエム発言で一本とった」という内心どや顔が見えます。実際、その通りの展開になった。その読みはさすがだけどさ・・・。

でもね。俺も同じジャーナリストだから、ああいうときは、話者の本心を探って情報を得ようとします。それよりも、「炎上ネタで話題になる」をとったんだね、小川さんは。

https://abema.tv/video/episode/89-77_s10_p120

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  7. 7

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。