記事

コロナ対策にもっとエビデンスを

 コロナウイルスの猛威は第4波の様相がはっきりして来た。時に今回は変異ウイルスの影響が大きくなっており、政府は4都府県に3回目となる緊急事態宣言を4月25日から5月11日まで発出することを決めた。当該地域では飲食店の時短営業ばかりでなく、大規模施設の休業要請や無観客試合の要請など、大型連休中の人の流れを抑え込む、短期決戦の構えだ。

 24日の日経新聞1面には「1年間何をしていたのか」という見出しが添えられた。コロナ禍が1年を経過した現在でも一進一退を続けている国の現状に対して、政府、自治体首長、医療界に対する強烈な批判である。日頃はマイルドな日経がこのような言葉を使うのは極めて異例である。そしてこの批判は我々国会議員にも向けられている。与党として政府に対してコロナ対策の改善を提言したり議論したりして、その効果を増さなければならないが、未だに効果を発揮できていないのは、与党議員として大いに反省しなければならない。

 これまでの政府の発信を担って来たのはまず菅総理、関係閣僚、そしてウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長である。それぞれが言葉を選びつつ必死に国民に協力を訴えて来たが、なかなか国民の胸に響かないようだ。「ああしてくれ」「こうして欲しい」という要望はするのだが、何故そうしなければならないかという明確な理由と証拠(エビデンス)が詳らかになっていないからではないか。

 例えば栃木県を例にとると、2回目の緊急事態宣言の対象となった今年1月9日頃は、1日の新規感染者数が150人を超えていた。しかし期間中、県内の飲食店の99%が夜8時までの時短に応じた結果、ほぼ2週間で30人前後、1ヶ月で10人前後に抑えることが出来、いち早く宣言地域から外れることが出来た。人口195万人という地域だからコントロールが容易で、因果関係がはっきりしたのかも知れない。東京や大阪などの大都会ではなかなかはっきりしないのかも知れない。

 しかし少なくとも、蔓延防止や緊急事態を適用し、飲食店の○○%が時短に応じたために、○○日間で新規感染者がこれだけ減ったという、ざっくりとしたエビデンスを示すことは可能である。「このエビデンスがあるのだから、コロナを押さえつけるために、再度時短をお願いする」と言えば、国民は協力し易くなるのではないか?政府の発信にもう一段の工夫を求めたい。

あわせて読みたい

「緊急事態宣言」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  8. 8

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  9. 9

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。