記事

「コロナ慣れ」と感染不安の弱まり-感染再拡大の一方、冬をピークに弱まる感染不安 - 久我 尚子

1/2

■要旨

  • ニッセイ基礎研究所の調査によると、20~60歳代の感染不安(自分や家族の感染による健康状態悪化への不安)は、昨年12月下旬の感染拡大第三波の頃に実施した第三回調査時点で最も強く、3月下旬の最新の第四回調査では弱まっている。なお、昨年10月下旬実施の第二回調査時点と比べて第四回調査時点では感染者数の規模は約4倍に拡大しているにも関わらず、感染不安はやや弱まっている。

  • 昨秋より感染不安が弱まっている要因として、ポジティブな面では感染防止対策の習慣化や検査体制の充実、治療のノウハウの確立があげられる。一方で医療体制がひっ迫しているにも関わらず、感染しても適切な治療が受けられない不安まで弱まっている状況を見ると、危機意識の低下による「コロナ慣れ」というネガティブな面も指摘できる。

  • 属性別に感染不安の強さを見ると、コロナ禍で帰省の難しい大学生の子がいる層や、感染予防対策の徹底が難しい低年齢児のいる層、感染による重篤化リスクが高まるシニア層、飲食業など在宅勤務の難しい業種の従事者の多いパート・アルバイト層などで強くなっている。

  • 属性別に昨秋と3月下旬の感染不安の強さを比べると、元々不安の弱い独身の若者では一層弱まっている。低年齢児のいる層やシニア層など当初より感染不安が強い層でも弱まっているが、全体と比べれば未だ不安は強い状況が維持されている。また、3月下旬にかけて近畿地方などで感染不安の弱まりが目立つが、この時期は大阪など6府県で二度目の緊急事態宣言が解除された後、人出が増えていた時期である。

  • 現在、東京や大阪、京都、兵庫に再び緊急事態宣言が発出された。また、全国の感染者数は累計55万人を超え、死亡者数は1万人に届く勢いで伸びている。今あらためて私達一人一人が自分自身や大切な人の命を守るという意識を高め、社会の構成員として感染を拡大させないように、命を守る行動に努める必要がある。

■目次

1――はじめに~コロナ禍1年で様々な政策が発動、危機意識の薄れで「コロナ慣れ」も?
2――感染拡大状況と感染不安の関係~冬をピークに弱まる感染不安、「コロナ慣れ」の影響も
  1|全体の状況
   ~感染者数の規模は数倍にも関わらず弱まる感染不安、「コロナ慣れ」の影響も
  2|属性別の状況
   ~感染不安の弱い若者だけでなく、感染不安の強い子育て層やシニア層でも弱まる不安
3――おわりに~あらためて「命を守る行動」を

1――はじめに~コロナ禍1年で様々な政策が発動、危機意識の薄れで「コロナ慣れ」も?

新型コロナウイルスの感染が再拡大する中で、政府は25日から東京や大阪、京都、兵庫の4都府県に三度目の緊急事態宣言を発出する方針を固めた。また、20日から神奈川や埼玉、千葉、愛知も「まん延防止等重点措置」の対象地域となるなど、感染防止対策の強化に向けた動きが広がっている。

一方で「まん延防止等重点措置」の対象地域で、人出が大きくは変わっていない状況もある。背景には、この1年で新型コロナウイルスに関連する様々な政策が発動されたことで、国民に深刻さが伝わりにくくなっている状況に加えて、新型コロナウイルスが未知のウイルスから既知のウイルスとなったことで、生活者の危機意識が薄れ、「コロナ慣れ」しているという実態もあるだろう。

本稿では、ニッセイ基礎研究所「新型コロナウイルスによる暮らしの変化に関する調査1を用いて、あらためて生活者の新型コロナウイルスに対する不安の状況を捉える。

2――感染拡大状況と感染不安の関係~冬をピークに弱まる感染不安、「コロナ慣れ」の影響も

1|全体の状況~感染者数の規模は数倍にも関わらず弱まる感染不安、「コロナ慣れ」の影響も

図表1は、日本国内にコロナ禍が直撃した2020年3月以降の1日当たりの新規感染者数と、ニッセイ基礎研究所で実施した4回の調査時点での感染不安の強さを見たものだ。4回調査の中で感染不安が最も強いのは第3回調査であり、いわゆる感染拡大の第三波が到来した2020年12月下旬に実施したものだ。第3回調査では、20~60歳代で感染不安のある割合(自分や家族の感染による健康状態悪化への不安について「非常に不安」と「やや不安」と回答した合計)は64.0%を占める。

一方で、現在、足元で広がる第四波が到来し始めた2021年3月下旬に実施した第4回調査では、感染不安は57.8%(第3回調査より▲6.2%pt)へと低下している。第三波ピークの1月上旬は、1日当たりの全国の新規感染者数が約8千人にのぼることもあったため、この状況を脱したことで感染不安が弱まることは不思議ではない。一方で、2021年3月下旬の1日当たりの全国の新規感染者数は未だ約2千人にのぼる。感染状況が一旦落ち着いていた昨秋(第2回調査時点)の約4倍の規模であるにも関わらず、感染不安はやや弱くなっている(第2回調査より▲3.0%pt)。つまり、現在、昨年より感染者数のレベルは格段に上がっている一方、生活者の感染不安はむしろ弱まっている状況にある。

感染不安が弱まっている要因については、ポジティブな見方をすると、この1年で感染防止対策が習慣化し、ウイルスを回避しながら生活する上での経験値が上がったことで、未知のウイルスに対してやみくもに不安を感じる状況が緩和されたことがあげられる。また、当初と比べて検査体制が充実し、医療機関において治療のノウハウも確立されたことで、これらへの不安も弱まり(図表2)、万が一、罹患してしまった際の不安も弱まった可能性もある。

一方で、昨秋時点でコロナ禍は半年以上続いており、生活意識は既に同様の状況にあったとも言える。また、民間サービスなども増えて検査は受けやすくなっただろうが、医療体制は厳しくなっている。全国の病床数は昨秋より2割程度増えているにも関わらず、病床使用率は6~7%上昇している(図表3)。よって、足元の感染不安の弱まりは、最悪期を脱したことで危機意識が低下し、ネガティブな意味での「コロナ慣れ」が生じている影響が指摘できる。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  2. 2

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  3. 3

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  4. 4

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  5. 5

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  6. 6

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  7. 7

    ワクチンのウェブ予約 ネットに慣れていない人にはハードル高し

    安倍宏行

    05月16日 16:39

  8. 8

    「ノーマスク」を権利と主張する人々が公園の管理人を悩ませている

    NEWSポストセブン

    05月16日 17:49

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。