記事
  • ロイター

午前の日経平均は小反発、材料欠きもみあい


[東京 26日 ロイター] - 26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比74円73銭高の2万9095円36銭となり、小幅に反発した。米株高を受けた朝方のプラスからいったんマイナス圏に沈んだものの、徐々に持ち直した。手掛かり材料に乏しく、もみあいとなった。東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

前週末の米国株式市場では、新型コロナウイルスのワクチン接種が進展する中、好調な経済指標の発表を受けて景気回復期待が高まり、主要3指数が反発した。

日経平均もプラスを確保したが、米株高に対する見劣りを意識する声もある。ワクチン接種が欧米に比べて遅れる日本では「正常化に向かいつつある流れは変わらないが、欧米との格差が出ている」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成上席執行役員)との指摘が聞かれた。

TOPIXは0.17%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9910億6700万円だった。東証33業種では、空運や陸運、鉄鋼、パルプ・紙が上昇した一方、医薬品、その他製品、倉庫・運輸関連の下げが目立った。 個別では、エムスリーが一時7%超の下落となった。23日の決算発表で2022年3月期の業績見通しの開示を見送っており、市場では新規の材料に乏しいとの受け止めが聞かれた。一方、ANAホールディングスが堅調。コスト削減が進展し、2021年3月期の連結営業損益見通しを5050億円の赤字から4650億円の赤字に上方修正すると発表したことが好感された。

東証1部の騰落数は、値上がりが1029銘柄、値下がりが1020銘柄、変わらずが138銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    東京五輪で沈黙…小池都知事に「全然、都民ファーストじゃない」 豊田真由子氏「片棒を担いだと思われたくないので、反対の世論を見て振る舞いを変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  8. 8

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「自粛疲れ」や「我慢の限界」ではなく「無意味な感染対策」に気づいた賢い国民たち

    かさこ

    05月04日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。