記事

羽生結弦「北京五輪は考えていない」発言 不公正な採点に限界感じたか

ショートプログラム、フリーともに今シーズンの自己ベストを更新した羽生結弦(写真/AFLO)

「北京五輪のことは考えていません。今年、東京五輪が開催されるといいなと思っています。ぼくは喘息の問題は抱えていませんし、この大会に向けて体調は問題なかったです」

【写真6枚】カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生結弦

 大阪で開催された「世界フィギュアスケート国別対抗戦」(4月15~18日)で、男子フリーの演技後にオンライン取材に応じた羽生結弦選手(26才)。海外メディアからの「今週、喘息で問題はあったか。北京に行って喘息の問題が出ることは?」という質問に対し、こう言い切った。

 国別対抗戦では、ショートプログラム、フリーともに今シーズンの自己ベストを更新したものの、いずれも米国のネイサン・チェン選手(21才)に及ばず2位。日本チームはロシア、米国に続き3位という結果だった。

「これだけきっぱりと“北京五輪のことを考えていない”と明言したのは、彼の中に大きな心境の変化があったからかもしれません。偏った見方かもしれませんが、“もう順位がつけられる採点競技”はしたくないというふうにもとらえられました」(フィギュアスケート関係者)

 今回の国別対抗戦中、関係者らの間では「ある話題」でもちきりだったという。

「採点基準についてです。フィギュアスケートの得点は大きくは『技術点』と『演技構成点』の2つに分けられ、いずれもジャッジ(審判員)の採点によって決まります。

 演技構成点はスケーティング技術、要素のつなぎ、動作・身のこなし、振り付け・構成、音楽の解釈の5項目からなりますが、客観的な基準がないため、以前から“ジャッジの主観が入りやすい”との指摘があります。ところが今回は、細かい採点基準があるはずの技術点までもが恣意的になっていたとの批判が上がったのです」(前出・関係者)

 技術点はジャンプ、スピンなど4つの項目について、技の難易度に応じた基礎点が設定されており、さらに11段階の「GOE(出来栄え点)」が加味される。そうして個々の技が評価され、合計点で算出される仕組みだ。例えばジャンプでは「高さや距離」「踏み切り、着氷」など6つの項目をジャッジが判断し、「−5」から「+5」までのGOEを基礎点に加える。

「実は3月の世界選手権でも、“羽生選手のジャンプのGOEが低すぎると話題になっていました。今回の国別対抗戦では、彼の点数の低さがより明らかだったと主張する関係者が少なくないのです」(前出の関係者)

 特に注目されたのが、羽生選手が国別対抗戦のフリーの最後に跳んだ3回転アクセルだ。

「高さ、スピード、ジャンプの入り方など、どれを見ても完璧でした。にもかかわらずGOEは3か4止まりで、満点の5をつけた人は1人もいなかった。これ以上の3回転アクセルはないといえるほどだっただけに、驚きましたね」(別のフィギュアスケート関係者)

 羽生選手自身もこのジャンプについて、「わざとスピードは表現のため落として(難易度を上げて)いるなかで、力を感じることなくスムーズに軸に入って、高さもあるジャンプが跳べた。いまできるベストの3回転アクセル」だと語ったほどだ。

 元国際審判員のAさんも、国別対抗戦を見て首を傾げたうちの1人だ。匿名を条件に取材に応じてくれた。

「ジャッジをしていた人間としてはとても言いにくいのですが、今回の国別対抗戦でも世界選手権でも、疑問に感じる採点は実際にありました。過去の大会では、自国の選手に高い点数をつけたり、ライバル国の選手に低い点数をつける“ナショナルバイアス”がかかることがよくあった。

 9人のジャッジがつけた点数は、最高点と最低点がカットされた残りの7人の点数が平均化されるので問題はないという見方もありますが、複数の国に組織的にやられたらお手上げです。一方で、日本のジャッジはそういうことがないように注意するあまり、日本の選手に厳しい点数をつけてしまうこともあるのです」(Aさん)

 実際に世界選手権でも、女子シングルの紀平梨花選手(18才)や坂本花織選手(21才)の採点についても「厳しすぎる」という声が多く上がっていた。羽生選手が「北京五輪のことは考えていない」と断言した裏には、こうした採点競技としてのフィギュアスケートに、“限界”を感じた面がある──そんな指摘もあるのだ。

※女性セブン2021年5月6・13日号

あわせて読みたい

「羽生結弦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。