記事

劇団四季「舞台なんて不要不急」という批判の風向きが変わった瞬間

牧貴美子さんは2018年に研究所に入所し、2019年から『ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム)』や『ライオンキング』などに出演

 4月16日、劇団四季の新作『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』の全国公演が開幕した。この全国公演は半年前にスタートしているはずだったが、新型コロナウイルスの蔓延で半年間の延期を余儀なくされ、もう1つの新劇場[春]のこけら落とし公演となった。昨年は上演回数が半減し、年間売上損失が50億円近くに上った劇団四季は、「舞台なんて必要ない」という世論をどう跳ね返したのか。

【写真】つま先まで真っ直ぐに飛ぶ稽古中の笠松さん。他、黄金色に輝くアラジンの舞台、深い闇や霧のオペラ座の怪人など

 劇団四季には、創立当初から受け継がれてきた教えがある。

「慣れだれ崩れ=去れ」

「一音落とす者は去れ」

 慣れてくると、気が抜けて、身につけてきた技術や心構えが崩れてくる。劇団四季で最も重視される「言葉」を、ただの一音もおろそかにせず、明確にお客さまに伝えなければならない、という教訓だ。

 日々の研鑽が直結する仕事でありながら、稽古場でレッスンを受けることさえ許されない状況に突き落とされた俳優たちは、自宅待機という制限下でのコンディション維持に懸命に取り組んだ。今回初めてソロパートを歌う牧貴美子さんもその1人だ。

「2018年に入団したばかりなので、まだまだ新人。なんとか歌の練習をしたくて、消音機能つきメガホンを購入して、できるだけ近所の迷惑にならないよう、声を抑えながら練習していました。それまでは“自分の声がどう響いているか”にばかり気を取られていたので、自分で自分の歌声がよく聴けない環境は、かえっていい練習になったといまでは思っています」(牧さん・以下同)

 幼い頃から歌うことが好きだった牧さんは、舞台俳優になることに反対する両親を納得させるため、大学卒業後に私立の音楽大学の大学院で声楽を学び、2度目のオーディションで見事合格、晴れて劇団四季に入団した。

 透明感がありつつも意志の強さを感じさせるよく通るソプラノで、『The Bridge』では、『リトルマーメイド』や『アイーダ』などの名ナンバーに参加している。しかし、舞台上での堂々とした姿とは裏腹に、「自分にあまり自信がない」という。

「この作品のテーマは、劇団四季の創立当初からの『これまで』と『これから』。新人の私が、自分が生まれる前から続いている劇団の歴史を表現するなんて、最初は不安しかありませんでした。いまでも、私に何ができるんだろうと、悩みながら模索して、ただ全力で舞台に立っています」

 今回、牧さんと一緒にソロパートを歌う笠松哲朗さんは、小学6年生の頃に『ライオンキング』でヤングシンバ(主人公シンバの幼少期)を演じた経験を持つ。

「ジャズダンスは3才頃からやっていましたが、歌は習ったことがありませんでした。ヤングシンバのオーディションは合格したものの、歌は壊滅的だったんです」

 そう屈託なく笑う彼も、自粛期間中は、「舞台俳優」という職業について思い悩んだという。

「ネット上で、“コロナのおかげで、必要ない職業がわかったな”という趣旨の書き込みを見てしまったんです。それに対して、反論が思いつかなかった。確かに、俳優は“虚業”。第一次産業や医療とは違い、なくても生活に困らない仕事だと思ってしまった。

 ぼくは、人と交わって、大勢で何か1つのものをつくることが好きで、この仕事をさせていただいています。でも、その書き込みを見た瞬間、ぼくの信じていた世界が色あせていくような気がしました」(笠松さん)

 事実、緊急事態宣言発出直後は、各地で演劇やコンサートは「不要不急」「感染を広げる恐れがある」との理由で、軒並み中止や自粛に追い込まれ、“強行突破”した団体が批判を浴びたこともあった。代表取締役の吉田智誉樹さんはいう。

「演劇やミュージカルといったライブエンターテインメントは不要不急だといった風潮で、劇団四季だけでなく、日本中の舞台俳優、ミュージシャンなどが窮地に立たされました。そこで始めたのが、クラウドファンディングで資金を募ることでした。

 もちろん、金銭的な支援は必要でしたが、それ以上に、日本で広く知られている私たちがまず声を上げて助けを求めることで、この業界全体がいかに困窮しているか、世の中に知っていただきたかったのです」(吉田さん・以下同)

《四季でさえクラウンドファンディングしちゃうんだよ 政府はもっと援助して》《劇団四季大丈夫かな エンタメ業界、本当に苦しいんだ》《四季の作品が大好きだから少しでも力になりたい 再開したらまた観に行きます》

 SNS上には驚きと心配の声が上がり、支援金額は2億円を超えた。ひとえに、68年もの間、ハイレベルなパフォーマンスを届け続けてきた、名実ともに“日本一”の劇団への信頼だといえる。

「“あの劇団四季でさえ”と言っていただけることで、ライブエンタメに対する認識が変わるきっかけになるのではないか。その祈りが届いたのか、予想以上の寄付をいただきました。支援してくださったかたがたには、観劇に使えるギフト券など、返礼品をお渡ししています。われわれの気持ちが伝わり、風向きが変わるかもしれないと感じた瞬間でした」

撮影/平野哲郎 提供写真撮影/阿部章仁、荒井健、重松美佐、山之上雅信

※女性セブン2021年5月6・13日号

あわせて読みたい

「演劇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  4. 4

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  5. 5

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  6. 6

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  7. 7

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  8. 8

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  9. 9

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  10. 10

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。