記事

「活断層リスク」の表面化と、2013年夏の「原発再稼働」までに残された日々に

今年もあとわずか1日を残す余りとなりました。年末は、ふだん出来ない書類の整理や大掃除等を試みます。相当の量を処分しているつもりですが、まるで過ぎ去った時間を証明するかのように、片づける先から書類の山が積み上がっていきます。ただ、こうして「片づける」時間は、ふだんの忙しさにかまけて「後でゆっくりみよう」と思いながらそのまま忘れていた書類やメッセージ等と対面する時間にもなります。しばしば、作業は中断するものですから時間がかかります。

政治家として、自分が候補者でない総選挙を約20年ぶりに経験しました。街を宣伝カーが走るのを客観的に見ているのも不思議な気分でもありました。一方で、「衆議院小選挙区」「衆議院比例区」「最高裁裁判官国民審査」「都知事選挙」「都議会議員補欠選挙」と5枚の投票用紙が渡されるという前代未聞の投票・開票作業になったものですから、当日は気をもみました。ただし、開票速報がなかなか出せなくて深夜にズレこんだものの大きなミス等がなかったことは区の選管職員はじめ応援に入った多くの職員の努力のたまものだと思います。

12月26日には、再度の安倍政権が誕生し、動き出しました。来年夏には参議院選挙が、東京では都議会議員選挙も控えています。私たちが注目するエネルギー政策の転換や原発再稼働問題は、2012年選挙の最大テーマにはならなかったと言われています。しかし、総選挙の出口調査で行われた「脱原発をするべきか」との問いには多くの人が「YES」と答えています。にもかかわらず、「脱原発」の受け皿が分解していたこともあって、議席配分上は「原発推進」が多数の議会構成となりました。

民主党の野田前総理は、「政治決断」で大飯原発の再稼働を決めました。少なくとも福島第一原発事故の教訓として、最低限の対策を講じての再稼働でないことを私は批判しました。

[大飯原発の「再稼働」に私が反対する理由](保坂展人のどこどこ日記2012年4月14日)

少なくとも福島第一原発事故からわずか1年で、緊急に大飯原発に求められているのは、とりあえずの応急対策だと語られているが、よくよく聞いてみるとその「応急対策」なるものは、再稼働しながら追いかけて間に合わせるというものだった。

「海面から8メートルへ防潮堤のかさあげ」「建屋爆発等を防ぐための水素ガスの除去装置」も近々に実現と言うがまだ出来ていない。「ベントの際、放射性物質を取り除くフィルターの設置」「福島では作業拠点となった耐震重要棟の建設」などは、前倒しして完成は2015年だという。 また、女川原発のオフサイトセンターは津波に呑まれて犠牲者を出して壊滅している。大飯原発のオフサイトセンターはどうなのか。防災基準の全面見直しなど「応急」でもやらなければならないことが欠落している。

原子力規制委員会は、敦賀原発(日本原電)の原子炉建屋の直下に活断層の可能性を認め、また東通原発(東北電力)の敷地内にも活断層の可能性を指摘しています。また、再稼働中の大飯原発にも年末に調査が行われ活断層の可能性が疑われている。地震列島ニッポンの原発立地が、設置当初から抱えていたリスクがようやく表面に出てきているのです。

野田前総理の「政治決断」は、こうしたリスクや疑問に背を向けたものでした。だからこそ、官邸前をはじめとして、日本全国で抗議の声が数段と高まり、民主党政権にとって無視できないほどに、「民意」がうねり始めたのだと思います。そして、パブリックコメントや討論型世論調査をへて、「原発ゼロ」を願う国民の声が大きな存在感を示したことで、当初狙っていた「15%」ではなくて、「2030年代までに原発ゼロ」を決めざるをえなかったのだと思います。その野田氏が、総選挙になって「原発ゼロ」を強調し始めたのは大いに違和感を覚える場面でした。

[民主党の原発政策踏襲しない可能性ある=茂木経産相](12月29日ウォール・ストリート・ジャーナル)

茂木敏充経済産業相は28日、原子力発電所の再稼働の判断について、原子力規制委員会の新安全基準が決まる来年夏以降になるとの見解を示した。また、民主党政権の政策について、自民党政権が踏襲するとは限らないとの考えを示した。民主党は2040年までに原発ゼロの方針を示していた。

 ただ、同氏は同時に、経済に悪影響を及ぼすようなエネルギー供給不足を食い止める必要性があると強調し、「(今年9月に発足したばかりの規制委によって)安全性が確認された原発については、規制委員会の判断を尊重して、再稼働を進めていく」と述べた。

来年の夏までに、原子力規制委員会により表面化してきた原発立地の活断層リスクをはじめとした安全基準の策定を見て、原発再稼働の政策判断をするとのこと。残された時間はそう多くはないけれど、子々孫々のために実りある議論をたかめていく必要があると感じています。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。