記事

フロイドさん事件の有罪評決は、米市民に何をもたらしたのか

1/2

タラ・マケルヴィ記者、BBCニュース、ミネソタ州ミネアポリス

ブリーズ・サファイラさん(28)のように裁判の行方を熱心に追っていた人は多い。彼女が勤める靴店には、フロイドさんの事件で正義を求めるメッセージが描かれていた

米ミネソタ州ミネアポリスの住民は、何週間も何カ月間も、不安を抱えながら待った。裁判が進行していた間も、陪審が評議に入った後の、神経がすり減るような時間にも。裁判の行方がとてつもなく大きな影響を及ぼすと知っていただけに、人々は今回の評決に胸をなで下ろしている。そして、嵐のような出来事を自分なりに整理しようとしている。

今回の裁判は、黒人に対する警察の暴力をめぐる、画期的な判例となった。元警官のデレク・ショーヴィン被告は、ジョージ・フロイドさんの死亡に絡み、第2級殺人、第3級殺人、故殺の罪で有罪となった。この評決は、警察改革を訴えてきた人たちにとって大きな勝利だ。

これを機に警察には従来よりも厳しい目が向けられ、不正があった場合は訴追され有罪になるだろうと、法律の専門家らは指摘する。アナリストらは、警官の行為には説明責任がこれまで以上に求められ、実力行使に関して新たな方針も必要になるだろうと指摘する。

今回の裁判は多くの人にとって、制度が機能していることを示すものだった。

「警官は法律を超えた存在ではないとされた」と、ミネアポリス・セントポール都市圏のジャック・ライス弁護士は話す。「今後の裁判に影響を与えるだろう。それに何より、市街地で活動する警官らの行動に影響を与えることになるのが題字だ。刑事裁判を超えて、警官の日常的な行動が問われた」。

画期的な評決を伝えるニュースはすぐに広まった。人種差別や警察の暴力への抗議活動をしてきたローサ・ゴメズさん(19)は大学の寮で、同じく抗議デモに加わってきたエリカ・アトソンさん(20)は自宅で、それぞれ評決が出たことを知った。

アトソンさんは言う。「うれしい。ともかく超うれしい」。

ゴメズさんも同意見だ。「ものすごくほっとした」。

<関連記事>

一方、今回の公判が開かれた裁判所が所在する、ミネソタ州ヘネピン郡の元保安官リッチ・スタネクさん(59)や、同僚たちは、違う反応をした。

スタネクさんは、アイダホ州で開かれていた法執行官らの会議に出席していた。評決の内容には驚かなかった。しかし、自分や周りの仲間の間で、評決を喜ぶ人はいなかった。「みんな沈痛な表情だった」。

抗議活動をしてきた人たちは大喜びし、他の人たちは黙り込んだ。ただ、評決はそれぞれにとっての旅の終わりを意味した。地元や関係者だけでなく、世界中の注目を集めた裁判が、ついに終わったのだ。

フロイドさんが昨年5月に商店「カップ・フーズ」の前で亡くなったことで、ミネアポリスでは大規模な抗議活動や略奪が相次いだ。やがてセンセーショナルな裁判が始まり、過去数十年間で最大といえるほどの注目を集めた。

公判が開かれていた3週間、記者の私はミネアポリスで数十人と話をした。ほぼ全員が、事件によって街は一変したと感じていた。ただ、その変化が良いことなのか、それとも悪いことなのかについては、意見が大きく割れていた。

裁判ではミネアポリス市警の本部長と警官らが、ショーヴィン被告に不利な証言をした。しかし、警官として働いたことがある人には、彼に同情する人が多数いた。そうした警官経験者は、一触即発で何がどうなるか分からない状況での逮捕がどのようなものか、一般人は理解できないと私に言った。

別の人たちは、ショーヴィン被告や警察が絡む問題について、また別の見方をしていた。この街では警官が責任を問われることはめったにないと、大勢が私に言った。それだけに今回の評決が出ると、活動家や仲間たちは仰天した。

裁判所前で評決が読み上げられると、黒色のスエットシャツを着た女性が飛び跳ねながら、「あの男は刑務所行き」と声を張り上げた。

歓喜の瞬間だった。大勢が次々とクラクションを鳴らし、自分たちの車の屋根に飛び乗り、帽子を振った。「祝福の抗議デモだ」と1人は言う。

抗議デモを繰り広げてきた人たちは今回の評決を喜ぶと同時に、他の事案でも正義も求めた。「ここで立ち止まるなんてあり得ない。人を殺している全ての警官に対して、同じことをしなくてはならない」と前出のアトソンさんは話す。「今回のは良い勝利だけど、これからも勝ち続ける。これでおしまいになんかしない」。

彼女や他の抗議者らは、自分たちの正しさが証明されたと感じていた。一般の人たちはただひたすら、裁判が終わってほっとしていた。ただ誰もが、次は何が起こるのだろうかと思いを巡らせていた。

ミネアポリスの街は、スノードームの中の村のようだった。スノードームを振り回すと、球の中で雪がぐるぐると舞い、そしてやがて穏やかに落ち着いたように見える。それがミネアポリスだとすると、ここでは20日、差し当たり「雪」がやんだ。

前出のスタネクさんは、ミネアポリスの市街地を警官として、そして郡保安官として歩いてきた。しかし、フロイドさんが亡くなり、抗議デモが起こってからは、以前と同じ街だとは思えなくなった。レイク・ストリートを車で走ると、がれきが目に飛び込んできたのを覚えている。街中の何百もの建物が壊され、損害は3億5000万ドル(約380億円)に及ぶと当局は算定している。

アトソンさんやゴメズさんのように抗議活動をしてきた人たちも、困惑していた。生まれてからずっと親しんできた街が突然、戦場になり、抗議活動者と警察がにらみ合ったのだ。

私がゴメズさんと最初に会ったのは、裁判が開かれていた建物の前だった。彼女は一眼レフのカメラを首からぶら下げていた。やがて、リベラリズムと湖、北部独特の気候で知られる地元ミネアポリスのことを語ってくれた。凍えるような天気と温かい人々という、コントラストの格好例のような土地だ。

人種差別といえば普通は米南部の街や、そこでの奴隷の歴史を連想するもので、ミネアポリスのような北部の街をパッと思いついたりしない。ゴメズさんはそう言った。しかし今回の裁判では、この街に存在する偏見、自分自身も経験したこともある偏見が、あらためてむき出しになったと彼女は言う。

管理人として働くホンジュラス移民の父をもつ彼女は、自分は有色人だと自認し、さらにクィア(性的少数者)でノンバイナリー(性自認が男女どちらでもない人)だと話す。

裁判の行方を追っていたゴメズさんは、ショーヴィン被告の行動を正当化するエリック・ネルソン弁護士の主張をいぶかしいと思いながら聞いていた。

退役軍人の関連団体に勤めるジェリー・オビエグロさんも、同じ日の公判に関して、オフィスで時々情報をつかみ、帰宅後に全体を把握した。偶然にも彼は、1990年代に軍でショーヴィン被告の上官だった。

「静かなやつだった」とオビエグロさんは思い起こす。フロイドさんを地面に押しつけている姿の映像を見て、ショックを受けたという。

裁判の様子はユーチューブで見ていた。ケーブルテレビのニュースは偏っているからと、見ないようにしていた。FOXは被告の主張を集中的に伝え、CNNは検察側の主張に時間を割いていた。FOXの裁判報道はそれでも、リベラル寄りのメディアよりはましだったと、オビエグロさんは話す。「FOXはフロイドを天使のように持ち上げることはしなかった」。

オビエグロさんはショーヴィン被告について、判断がまずかったと言う。しかし、故殺罪だけでなく、3件すべての罪状で有罪とした陪審員らの判断は行き過ぎたと思っている。扇情的なメディア報道や抗議活動のせいで、陪審員らはプレッシャーを感じ、恐怖心から行動したと信じている。「今夜、家が焼き討ちされては困ると思っているのではないか」。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。