記事

ナワリヌイ氏がハンストを中止 収監中のロシア野党指導者

ロシアで収監されている野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)は23日、24日間にわたるハンガーストライキを終了すると発表した。

この数時間前には医師団が、命の危険があるとしてハンスト中止を訴えていた

2月に刑務所に収監されたナワリヌイ氏は、背中の激しい痛みと手脚の感覚喪失に対する適切な治療を求め、3月31日からハンストを開始していた。

ナワリヌイ氏はインスタグラムでの発表で、これまでに2度、民間の医師の診察を受けたと話し、「進ちょくや状況を踏まえ、ハンガーストライキを終わらせる」と述べた。

ただ、通常の食事への復帰は段階的なものになると話した。

また、背中の激しい痛みと手脚の感覚喪失について、自分が選んだ医師の診察を受けたいと主張。「これが何なのか、どうやって治せばいいのかを知りたい」と話した。

<関連記事>

医師団は22日、ウェブサイト「メディアゾナ」で声明を公表。20日にモスクワ郊外の病院でナワリヌイ氏が受けた診察・検査の結果を見ての判断だとして、「ハンストがわずかな時間でも続けば、残念ながら近いうちに、治療する相手がいなくなってしまう」と訴えた。

医師団は、同氏の腎臓と神経系に異常があり、少しでもハンストが続けば死に至ると警告。ナワリヌイ氏に対し、「直ちにハンストを中止し、命と健康を守るべきだ」と呼びかけていた。

モスクワでは21日、警察の警告に背いて数千人が抗議デモに参加した - AFP

ウラジーミル・プーチン大統領の最大の批判者として知られるナワリヌイ氏は、昨年8月下旬にシベリアのホテルで有毒の神経剤ノビチョクで毒殺されそうになったとされる。

ドイツ・ベルリンで集中治療を受け、今年1月にロシアに帰国。しかし、かつて言い渡された横領罪での執行猶予つき有罪判決をめぐり、執行猶予の条件に違反したとして、今年2月に刑務所に収監された。現在、モスクワの東約100キロの町ポクロフにある刑務所に収監されている。

欧州人権裁判所は、ナワリヌイ氏が命の危険にさらされたとして釈放を求めたが、ロシア政府はこれを拒否した。

ロシアでは21日、ナワリヌイ氏の釈放を求める集会が各地で開かれ、1700人以上が拘束された

(英語記事 Putin opponent Navalny ends hunger strike in Russian jail

あわせて読みたい

「ハンガーストライキ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。