記事

ヤングケアラー問題は老老介護よりも重大 社会に見捨てられていたことに心が痛い

ヤングケアラー問題。特に未成年者が親や祖父母の介護などで勉強もできず、友達とのつき合いもできず、孤立化していくという問題があったことを私は今の今まで気にも止めていませんでした。

家族の世話を担う中学生5% 「ヤングケアラー」で初の調査」(北海道新聞2021年4月12日)

「ヤングケアラーは学業や進路への影響だけでなく、同世代からの孤立を招くと指摘される。世話する中高生の6割超が誰にも相談したことがなく、担当者は「問題が知られておらず、適切な支援につながっていない可能性がある」としている。」

 私は、自分のこれまでの無関心さにまず反省です。

「生徒全体の8割が「ヤングケアラーという言葉を聞いたことがない」と回答。認知度を上げる取り組みも求められる。」(前掲北海道新聞)

 児童虐待問題は今、大きく社会問題になっていますが、ヤングケアラー問題はそうした問題と全く無関係とは思えません。

 育児放棄のネグレクトにも同じような問題があり、結局、親が何もしてくれない状態も問題だし、それ以上に介護もしろなどというのはその年齢を考えればあまりに悲惨です。

 調査の中では、負担にならないと回答した子も少なくないようですが、それで問題がないとは言えません。その子がどの程度の負担をしているのか、何故、負担とは感じないのかなど、詳しい調査も必要でしょう。

 親子の絆というものに矮小化させてはなりません。

 他方でこの問題は間違いなく社会の福祉の貧困も背景にはあります。親だけの問題にしてもいけません。
 未だに老老介護があったり、「嫁」に親の介護させて当然のような風潮があるのも根は同じです。

2021年4月20日撮影

 考えてみれば、私の子どもの頃ではあまりありませんでしたが、当時、テレビ放送が始まったドラえもんでは、ジャイアンが家業の手伝いをさせられている場面は当時ですら一般的ではない設定でした。

 子どもが家のために使役させられるのは当たり前の時代もあったわけですが、今はそれが当たり前とは言えない時代になっています。今、放映されているドラえもんでも同じような設定があるようです。今の子どもたちにはその意味も想像できないでしょうが、大人が補うことで、その場面設定も生きたものになるように思います。
 広くこの問題を考えたいものです。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。