記事

アリと人間の「2・6・2の法則」の違い

一般にどのような組織や集団も『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』だと言われています。いわゆる2・6・2の法則です。その中でパッとしない人を除いてチーム編成しても、また2・6・2の法則が働き、やはり組織や集団に貢献しない2割の人が生まれる傾向というものです。人についても、能力や活動量あるいはモチベーションの高さも統計で言えば正規分布していると考えられるので、そんな傾向の結果かもしれません。

人間ではなく、アリの世界でも、どのように集団をつくっても、働きアリの集団には常に働かないアリが2割いることを北海道大学大学院准長谷川准教授らが証明したそうです。よく働く2割は証明されていないとしても、アリにも2・6・2の法則が働いているのかもしれません。人間とアリとは一緒にはできないとしても、なぜ2割の働かないアリや人が生まれる傾向があるのかは興味深いところです。働きアリ:2割程度は「働かず」 集団維持の仕組みか- 毎日jp(毎日新聞) : 

 同准教授は、「働かないアリがいれば、別の仕事が生じた時にすぐに対応できる。仕事の効率は下がるが、集団を維持する巧妙な仕組みではないか」と推測しており、働かないアリが集団維持にどのように貢献しているのかが今後の研究テーマだといいます。車のハンドルやブレーキペダルなどに「遊び」があることで、円滑な操作ができますが、組織や集団もおなじ「遊び」をつくって円滑に組織を機能させるために、2・6・2の役割分担を自然に行おうとするのかもしれません。優秀な人ばかり、モチベーションの高い人たちばかりになっても、船頭が多くて組織がバラバラになってしまいます。リーダーと、上手なフォロワーがいて組織や集団もうまく働きます。

人の組織とアリ組織の違い人の組織もアリの組織もおなじように2・6・2の法則が働いているとしても、決定的に違うと思うのは、組織そのものがもつ能力は、人の組織の場合はやりようによって引き上げることができます。それはリーダーシップの問題であったり、ノウハウ、また文化や体質、さらに置かれた業界でも変わってきます。同じ人数が揃ったスポーツチームでも、企業でも組織の成果には違いがあります。しかし、おそらくアリの集団には集団能力に違いはあまりないのではないでしょうか。

もうひとつは、人間の組織には働きが良いかどうかとは別に、環境変化に対応して組織が変わること、また組織に新しい動きが生まれることで自らの働き方やポジションにも影響することに抵抗する人たちが生まれてきます。普段は2・6・2の法則で言えば、パッとしない人であっても、アイデア・キラーとして、あるいは組織が変わろうとするときに負の力を天才的な能力で発揮する人もいるわけで、そのあたりが人の組織や集団が持つ独特の特徴かもしれません。

組織でほんとうに怖いのは、2・6・2の法則が働き、働きの悪い2割の人が生まれることではなく、まるで出る杭を打つように、いいアイデアがでてきても、またチャレンジしようとする人がいても、それらをばっさり否定し、クリエイティビティやチャレンジシップを殺してしまう人の存在やモメンタムのほうではないでしょうか。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。