記事

“J-POPが消えてしまった国” 韓国で「NiziU」と「うっせぇわ」が議論の的になる理由 韓国唯一のJ-POP評論家が特別寄稿 - ファン・ソノプ

1/2

 BTSやBLACKPINKの世界的ヒットに沸くK-POP業界。昨年デビューした韓国の大手事務所所属の日本人9人組グループ「NiziU」も日本で人気だ。そんなK-POP全盛の韓国で、J-POPをはじめとした日本の音楽はどのように捉えられているのか。日本人アーティストへのインタビューも手掛ける韓国唯一のJ-POP評論家、ファン・ソノプ氏が寄稿した。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)


「うっせぇわ」のヒットは韓国でも論争になっているという(「Ado」の公式YouTubeチャンネルより)

◆◆◆

韓国の10代は「J-POP」というジャンルを知らない

 韓国の人気グループBTSと日本の人気ロックバンド「back number」がコラボレーションした新曲「Film out」のニュースを聞いたのは、今年2月だった。

 このニュースに、韓国人のほとんどはBTSの新曲として注目したが、個人的には「back number」という日本の素晴らしいバンドが韓国で知られる機会となったことが嬉しかった。

 ただ残念なことに、現在の韓国では、日本の音楽シーンのニュースはほとんど報じられていない。特にいまの韓国の10代、20代は、「J-POP」というカテゴリー自体に見慣れていない。日常生活の中で日本の音楽に接する機会がほとんどないのだ。

韓国でタブー視されてきた日本の音楽

 ある年齢以上の韓国人は、20~30年前に韓国では正式に流通していなかった日本の音楽を渇望していた時期を記憶している。

 韓国では長年、日本のテレビドラマや映画と同様に、日本語の楽曲の放送、レコードやCDの販売が法律で厳しく制限されてきた。日本語の歌のCDの販売が全面的に開放されたのは2004年だ。

 それでも、海賊版のような形で、韓国に日本の音楽が伝わっていた。その結果、1990年代から2000年にかけて、サザンオールスターズに始まり、近藤真彦、X JAPAN、L’Arc-en-Ciel、ZARDをはじめとしたビーイング(Being)所属の歌手が、韓国でも一定の人気を博した。「小室ファミリー」と呼ばれたglobe、安室奈美恵も同様だ。ジャニーズやハロプロアイドルのファンもいた。

 当時はCD1枚、ビデオ1本、手に入れるのが難しかった時代だった。そのため、オンラインを含めた日本音楽の「同好会」が続々と作られ、ファン同士が情報交換したものだ。

 1998年から2004年まで4回にわたって行われた「日本大衆文化の開放」は、日本音楽マニアたちには朗報のはずだった。日本音楽のファンは、これで日本のコンテンツを自由に享受できるだろうと考えたのだ。しかし、いざ道が開かれても、日本音楽の一部だけが正式に流通するようになり、 韓国社会への波及力は微々たるものだった。

 なにより韓国の一般市民の日本音楽に対する「拒否感」が思った以上に強かった。両国間に横たわる根本的な歴史問題が未解決である中で、日本語のコンテンツが韓国で流通することに不快感を示す人も少なくなかったのだ。

 そのため、地上波放送における“日本音楽の排斥”はそのまま続いた。韓国の地上波のテレビで、日本語で歌うステージが初めて生放送されたのは、2010年になってからだった。法的な制裁はないのに「国民感情を配慮する」という名目で自主規制されていたのだ。

 その後、この10年はK-POPの急激な成長と反比例して、韓国から日本音楽がほとんど消えた状態となっていったのだ。

コロナによる「来韓公演」不在の影響

 もちろん韓国で日本の音楽が消えたのには、日本側の事情もある。

 そもそも内需中心だった日本の音楽シーンは、市場規模の小さい韓国には関心が低かった。さらに韓国の音楽業界がいち早くストリーミングやユーチューブでの配信に重心を移していったのに対して、日本でそれが本格化したのはこの2、3年。全世界のどこでも見られるユーチューブに、日本の大衆音楽の公式コンテンツはほとんど存在しなかった。

 韓国の音楽ファンは、その間に日本の音楽からさらに遠ざかり、日本の音楽を扱うニュースも自然と姿を消した。

 さらに2019年から深刻化した韓日間の摩擦は、日本人アーティストの来韓を躊躇させることとなった。来韓公演の中止は、私個人としても実に残念だった。様々な日本人アーティストにインタビューして彼らの魅力を紹介し、また彼らが韓国でのステージやファンをどれだけ大事に思っているかを知らせる、貴重な機会だからだ。

 たとえば、2018年には、ロックバンド・Suchmosが訪韓した。仁川で開かれた「ペンタポート・ロック・フェスティバル」に参加するためだ。私のインタビューの中で、メンバーのHSUは、取材先のホテルの窓を指し、「今度はたぶん大変だろうけど、いつかソウルにも行ってみたい。ソウルはどの方向ですか」と、韓国に対する関心や好奇心を明かしてくれた。その日の公演では、ほとんどの観客がSuchmosを初めて見たにもかかわらず、ステージが終わる頃には、韓国人の観客の多くが歓声を送っていた。その瞬間は今でも生々しく頭に残っている。

 2015年、韓国、台湾、日本の3カ国を回るイベント「Far East Union」で訪韓したロックバンド・MONOEYESの細美武士は、私のインタビューに「両国の関係改善のために何かできることはないか、という考えからイベントを企画した」と述べ、両国の架け橋としての音楽の役割に触れた。細美をミュージシャンとしてだけでなく、人間として尊敬させられるインタビューだった。

それでも人気のある日本人アーティストは?

 そんな状況の中でも、韓国の大衆音楽に影響を与えた日本人アーティストはいる。その代表格は、安室奈美恵だろう。

 韓国において、安室奈美恵は日本の音楽をよく知らない人でも一度は名前を耳にしたことがある歌手だ。韓国でも「実力派アーティスト」として認識されている。多くの韓国の芸能人の憧れの的でもあり、実際に韓国の女性ソロ歌手がスタイリングなどで参考にしている事例でもあった。

 さらに、韓国人に広く知れ渡っているアーティストといえば「ZARD」だ。

 ボーカル・坂井泉水の高い歌唱力と魅力的なルックス、老若男女問わず共感できる楽曲に、今でも彼女を応援する人が多い。彼女が主題歌を歌うアニメ『名探偵コナン』は韓国でも人気があるため、いまも若い世代が耳にしている。そのため、新たなファンが生まれ続けているのだ。誰にでも推薦できる「普遍的な日本音楽」の代名詞として、いつの間にか定着した。

あわせて読みたい

「K-POP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。