記事

【日米首脳会談を繙く】

昨日、自民党本部で外交部会・外交調査会合同会議を開催し、16日に行われた日米首脳会談について確認した。

まず、外務省から、今回の米国訪問の成果について説明が行われ、インド太平洋地域への米国のコミットメント及び日米同盟の結束が対外的に力強く示されたこと、両首脳間で、長時間にわたって率直な意見交換を行い、個人的な信頼関係が構築されたことなどが説明された。バイデン大統領は、事前に菅総理の経歴等の把握に努めたとのことである。

共同声明では、普遍的価値で固く結ばれた日米同盟のゆるぎない絆を首脳間で再確認するとともに、両国が同志国とも連携し自由で開かれたインド太平洋を実現していくことのメッセージが強く発信された。

安全保障分野では、先ず菅総理から日本の防衛力強化の決意を述べた後、バイデン大統領から①日米安全保障条約第5条の尖閣諸島への適用②尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとする一方的行動への反対③拡大抑止の強化へのコミットメント等が述べられた。

また、経済分野では「日米競争力・強靭性パートナーシップ」に合意し、デジタルや科学技術における競争力とイノベーションの推進、コロナ対策、グリーン成長・気候変動などの分野で協力を推進することで一致。

地域情勢については、中国(東シナ海、南シナ海、台湾海峡、香港、新疆ウイグル自治区)北朝鮮、日米豪印、日米韓協力及びミャンマーに言及されている。特に台湾については52年ぶりに「台湾」の文言が声明に入った。

北朝鮮による拉致問題に関して、菅総理は「最重要課題」とし、バイデン大統領とブリンケン国務長官からは「重大な人権侵害」との言及があった。「北朝鮮に関しては、レビュー中ということもあり、全ての大量破壊兵器、あらゆる射程の弾道ミサイルのCVIDとの明記はなかったが、安保理決議上の義務に含まれているのか」と政府に質問し、外務省から「米国はそれで問題ないと説明している」との回答を得た。

今後の羅針盤的な意味を持つ今回の日米首脳会談は、米国にとって日本が非常に重要な同盟国であることが色濃く表れたものであった。脅威が高まる安全保障環境を目前に、自分の国は自分で守ることを大前提とし、米国の力を如何に引き出すかも重要となる。引続き、外交部会長として努力していく。

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  3. 3

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  7. 7

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。