記事

「財政の崖」上院がようやく妥協案策定の作業を開始 市場が嫌うのは「残尿感」

「財政の崖」問題がギリギリのところに来ています。

現地金曜日の夜(日本は土曜日)上院のハリー・リード院内総務(民主党)とミッチ・マコネル院内総務(共和党)が「しょうがないから、オレ達で妥協案を考えよう」という了解に至りました。

これは(オレ達にお鉢が回ってきた…)ということの、是認に過ぎません。

本来であれば下院のベイナー議長の「プランB(代替案)」が頓挫したときに、速やかに上院が妥協案の策定に入るべきだったのですが、愚図愚図して貴重な時間を失ったわけです。オバマ大統領から「おまいら、いいかげん仕事しろ!」と叱られて、ようやく重い腰をあげたというわけです。

一方、下院のベイナー議長は「おまえは皆からシカトされているから、もう切り捨てる」と言われてしまいました。後は上院案が若しまとまり、それが上院で可決された場合、下院に回されてきた評決にYES、NOの意思表示をするだけ……。

リード院内総務とマコネル院内総務がまとめ上げる妥協案は、その場しのぎの絆創膏的な措置に過ぎないので、増税ならびに歳出削減のマジな議論は、来年に持ち越される公算が大になりました。たとえば2月には連邦政府の債務上限の引き上げの期限が来てしまうと予想されています。すると下院はまたそれを討議しなければいけないのです。

その一方で下院共和党が去年発動された約一千億ドルにのぼる防衛費などの自動歳出削減をキャンセルすることに同意するとは考えにくく、「財政の崖」を巡る話し合いは「残尿感」の残る、ダラダラしたものになる可能性が高いです。

市場参加者は(最悪、崖から落ちるのなら、いっそひと思いにぶっ殺して欲しい)と願っています。なぜならその方がアク抜けが早いからです。それにいろいろなプログラムが期間満了や債務上限到達というトリガーによって自動停止するのは、財政規律の面から考えると所期の意匠通りにシステムが機能していることに他ならないわけですから、むしろ健全だという見方すら出来るわけです。

不透明感を残し、しかも債務上限の規律を守らないというのであれば、今度こそ格付け機関は米国の長期ソブリン格付けに対して厳しい態度を打ち出してこないとも限りません。

あわせて読みたい

「財政の崖」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  2. 2

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  6. 6

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。