記事

「供給のメドが立った=接種がすぐできる、というわけにはいかない」 ワクチン供給9月メドも、今後の課題は



 アメリカ訪問中にファイザー社のアルバート・ブーラCEOと電話で会談した菅総理は、新型コロナウイルスのワクチンについて「9月までに我が国の対象者に対して確実に供給できるよう追加供給を要請した。9月までに供給されるメドが立った」と明らかにした。

【映像】「ワクチン供給9月メド」接種加速する?

 しかし、実際はすぐに国民全員がワクチンを接種できるわけではないという。テレビ朝日政治部の柴戸美佐子記者が解説する。

 菅総理が話した「供給」について、柴戸記者は「供給のメドが立った=接種ができるというわけにはいかないのが現状。そもそも国は接種のスケジュールを自治体の裁量に委ねているところが大きく、自治体の規模や特性によってばらつきが出る。また、政府は『供給』で合意したが、これは日本にワクチンが届くということを指していて、到着したからすぐ配送できるということではない。配送には承認の手続きが必要で時間もかかるので、実際に自治体に届くのはそれよりも後になる可能性もある」と説明する。

 政府は高齢者接種分のワクチンについて6月末までに配送を完了するとしているが、高齢者への接種が終わるのは8月のお盆ごろとみている自治体も多く、ワクチン供給から配送、実際の接種までは時間を要するのが現状だ。



 自治体によっては、高齢者にワクチンを打つ医師が接種できていないというところもあるが、ペースアップは可能なのか。柴戸記者によると、「政府としては、とにかく自治体に流れる量が増えれば自ずと打てるようになるということで、ペースアップを見込んでいる」という。

 また、大阪などは医療崩壊が近い状況だとも叫ばれる中で、どのように医療従事者を確保するのか。「歯科医師でも接種できるように特例措置を認めるということも検討されている。ただ、法律上認められていない行為にはなるので、政府の本音としては医師と看護師をどう確保するかが一番で、それでも足りない場合は助けを借りることを検討している」。

 今後はどういったことが課題になってくるのか。柴戸記者は「国が自治体に裁量を与えるのもいいが、必要なところに必要な支援ができるかが一番の課題になってくる。政府は自治体に対してヒアリングを続けているが、高齢者への接種が走り出して徐々に課題も出てきているので、そこにどういった支援をしていくかは注視していかないといけない」とした。
(ABEMA/『倍速ニュース』より)

映像:ワクチン接種の高齢者に密着取材

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。