記事
  • ロイター

全国コアCPI、3月は-0.1% ガソリン価格が1年ぶりにプラス圏


[東京 23日 ロイター] - 総務省によると、3月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.8となり、前年同月比0.1%低下した。前月の0.4%低下から低下率が縮小。昨秋以降の原油価格の上昇が波及し、エネルギー価格の低下率が縮小したことが要因となった。

ロイターがまとめた民間予測は0.1%低下だった。エネルギーは2月の7.2%低下から4.3%低下となった。構成品目ではガソリンが0.9%上昇となり、1年ぶりにプラス圏に浮上した。

宿泊料は政府の観光需要喚起策「Gotoトラベル」休止の影響で前年同月比0.0%となり、マイナス圏を脱却した。

携帯料金の通信料は1.9%上昇となり、前月の2.8%上昇から上昇率が縮小。格安スマホの新料金プランの影響によるもので、大手各社の新料金プランの影響は織り込んでいないという。

総務省は4月分から新料金プランの影響を織り込むとしている。オンライン予約の携帯料金値下げについても、国民へのネット環境普及を踏まえると十分代表的なためCPIの調査対象とする方向で検討中だという。

3月の総合指数は前年同月比0.2%低下した。生鮮食品が1.5%低下となり、重しとなった。生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年同月比0.3%上昇。上昇率は前月の0.2%上昇を上回った。巣ごもり消費でルームエアコンの新製品の普及が例年より早かったことも押し上げ要因となった。

2020年度平均の全国コアCPIは前年度比0.4%低下となり、4年ぶりに前年度比マイナスとなった。エネルギー価格や宿泊料の下落が主因。

(和田崇彦 取材協力:木原麗花 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  4. 4

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  9. 9

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。