記事

「選挙に行っても、世の中変わらない」中国人が独裁政治を受け入れる本当の理由

1/2

共産党による一党独裁政治が続く中国で、かつて民主的な手法を取り入れようとした時代がある。「住民自治」が実現するチャンスだったが、意外にも市民は投票に無関心だったという。一体なぜなのか。フリージャーナリストの姫田小夏氏が解説する――。

※本稿は、姫田小夏『ポストコロナと中国の世界観 覇道を行く中国に揺れる世界と日本』(集広舎)の一部を再編集したものです。

中国
※写真はイメージです - iStock.com/Nikada

エリートだけが政治を動かせる中国社会

かつての中国では、官僚登用のための試験制度「科挙」が存在した。「(試験)科目による選挙」ともいわれ、試験と選挙の2つの機能を併せ持っていた。現代中国史の研究者であり、『中国歴代政治得失』の著者である銭穆(チェン・ムー)氏によれば「試験は客観的かつ公平な標準により人を選ぶという、極めて民主的な方法である」という。中国には一定の条件を満たしたエリートが代表者となり、政治を動かしてきたという歴史があり、それは今なお変わらない。

現代の中国では、全国から選出された約3000人の代表者が参加する「全国人民代表大会(全人代)」が毎年1回(3月、2020年はコロナウイルスの影響で5月)開催され、「多数決」で立法権を行使する。「日本の国会に相当する」とよく言われるが、全人代は行政権・司法権・検察権までも集中させる国家の最高権力機関である点が日本とは異なる。

約3000人の代表は、省・自治区・直轄市・特別行政区の人民代表大会と、人民解放軍から選出された代表によって構成される。小さな市や区、郷、鎮などの基層レベルでは直接選挙が行われる。基層レベルの当選者が省級レベルの代表を選び、それらが3000人の全人代の代表を選出するといわれているが、実際には内部による指名で選ばれている。

憲法上では全人代が最高の国家権力機関とされているが、全人代とその代表は国民の意思を完全かつ真に反映しておらず、実際には共産党がこれを支配している。

「民主政治に近づけるべき」という声があった

「当時、この人民代表大会を西側の民主政治に近づけるべきだという声がありました」と語るのは、愛知大学名誉教授の加々美光行氏だ。1980年代から90年代にかけて日中間を頻繁に往復していた加々美氏は、基層レベルで行われた人民代表大会の選挙集会をたびたび観察し、多くの有権者が熱心に演説に耳を傾けているシーンを目撃している。

「欧米の民主主義を理想とした政治制度に、当時は中国国民の多くが関心を向けていた」と加々美氏は話す。1989年5月30日、天安門広場には自由の女神像までも設置され、学生を中心に民主化要求を行っていたが、事態は6月4日の武力制圧(天安門事件)になだれ込んだ。

加々美氏が「中国に民主主義を根付かせるとすれば、全人代を直接選挙に代えることだという期待感がありましたが、趙紫陽氏の失脚とともに消えてしまいました」と話すように、政治の民主化の希望や夢は一気に崩壊した。

その後、「民主化」という言葉はほとんど聞かなくなった。筆者は1990年代後半から上海で生活を始めたが、もとより政治に対する関心が薄い土地柄もあるのか、誰もが「お金の話」で頭がいっぱいだった。2011年11月16日、その上海市の15の区と県で5年に一度の人民代表選挙が行われた。上海市でも一部の区や県の代表は市民が直接選ぶことができるのだ。

その日の夕刊には、新選挙法に基づいて人口比例で候補者を立てたこと、女性の候補者の比率が上がったこと、またシステム導入によって選挙登録がスピードアップしたことが取り上げられ、選挙がつつがなく終了したことが伝えられた。

「行くわけがない」理由を聞くと…

上海では選挙のひと月前ほどから、アパートが建ち並ぶ住宅地に赤い横断幕が張られるようになった。さすがに日本で行われるような選挙カーによる演説もなければ、候補者のポスターが貼られることもないが、唯一この赤い横断幕が、選挙日の到来が近いことを告げていた。

投票※写真はイメージです - iStock.com/bizoo_n

しかし、この選挙自体を「単なる形式上のことだ」と割り切る市民は少なくなかった。すべては中国共産党にとって都合のいい方向に進められることがわかっているからだ。上海では選挙の話題に盛り上がりはなく、完全に“冷めた雰囲気”だった。

「選挙に行っても、世の中変わらないから」

投票前夜、筆者は何人かの熟年婦人に「明日は投票に行くのですか」と尋ねたが、その反応は異口同音にして「行くわけがない」というものだった。そのうちの一人は、選挙に関心がない理由を「選挙に行っても、世の中は変わらないから」と語った。

中国の選挙法では「十人以上の有権者の推薦があれば候補者になれる」というが、最終的に代表者として選ばれるのは「共産党にとっての優秀分子」であることは分かりきっている。党のポリシーを貫き、共産主義の思想と「中国の特色ある社会主義」の信念のもと、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論と「三つの代表」思想を学習している者こそが選ばれるべき代表なのだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。