記事
  • ロイター
  • 2021年04月23日 06:25 (配信日時 04月23日 07:22)

インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株価下落


[22日 ロイター] - 米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

2021年の調整後売上高見通しは725億ドル、1株利益見通しは4.60ドルとし、リフィニティブのアナリスト予想(723億2000万ドル、4.58ドル)を上回った。

一方、第2・四半期の調整後売上高見通しは178億ドルとアナリスト予想の175億9000万ドルを上回ったが、1株利益見通しは1.05ドルと予想の1.09ドルを下回った。

これを受け、インテル株は引け後の取引で一時2%超下げ、その後は1.3%安の61.75ドルとなった。

第1・四半期(3月27日まで)のパソコン向け半導体事業の売上高は106億ドルと、ファクトセットのアナリスト予想(101億7000万ドル)を上回ったものの、データセンター向け半導体事業の売上高は56億ドルと市場予想(58億9000万ドル)を下回った。

第1・四半期の調整後売上高は186億ドル、1株利益は1.39ドル。それぞれリフィニティブのアナリスト予想(178億9000万ドル、1.15ドル)を上回った。

インテルは近年、より高速で小型のチップ生産競争でアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)やエヌビディアなどの競合に遅れを取っていた。インテルに今年復帰したゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は、生産上の問題を解決し始めているとし、3月には米国と欧州に新工場を建設する大規模な拡張計画も発表した。

インテルは、半導体の設計と生産を自社で行う数少ない企業の一つ。世界的な半導体不足の中、自社工場を運営することで競合に勝っているとしている。ただ、コンピューター製造に必要な他社製部品の不足で、今年の売上高が抑制される可能性があるという。

世界的な半導体不足を受け、ゲルシンガーCEOは今月初め、自動車向け半導体メーカーと協議していると明かし、インテル工場で製造を支援する方針を示した。

*内容を追加しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  6. 6

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。