記事
  • mkubo1
  • 2012年12月28日 21:35

外国人が日本株を買った理由(マーケットが上がった理由)

本当に、終わり良ければすべてよしとなりました。日経平均は、昨年の年末(12月30日)が8455円でしたが、本日は10395円でしたので、約23%の上昇となりました。TOPIXは728.61に対して859.80ですので、約18%の上昇です。日経平均でいけば、2005年の40%の上昇についで、大きな上昇率となっています。

その上げのほとんどが、11月14日以降ということですね。買いの主体は、明らかに外国人であり、先週(17日~21日)は、約7000億円もの日本株を買っていたのです。非常に興味深いのは、現物が異常に大きい金額なのに対して、先物は、あまり目立たなかったことですね。TOPIX先物は約700億円の買い越しですが、日経225先物は、ミニ先物も加えますと約30億円の売り越しとなっています。

この傾向は、その前の週(12月10日~14日)でも同じでした。現物は買うのですが、先物とかは、あまり、買い越していないのです。

これは、どういうことでしょうか?キーワードは「時間」です。マーケットの声と私の経験から、推測しますと、次のようなことが言えます。

今回、日本株を買っているメインの外国人投資家は、ヘッジファンドではなくて、MSCI EAFE(米国以外の世界の株式市場の指数)のようなベンチマークで運用している外国人投資家が日本株を大量に買った可能性が高いです。

  この指数運用している投資家は、ベンチマークに対して、日本株をアンダーウェーとしていました。例えば、ある指数の日本株のウェートが20%だとすれば、運用者は、「日本株が相対的に上がるわけがない」と思っていたので、10%とか5%しか(もしくはゼロ)、日本株を組み入れていなかったのです。

こんな状況がずいぶん続いたのですが、11月頃から、日本株が上がりだたのです。が、彼らは、世界の株式に投資をする投資家ですから、日本の事情について、それほど詳しくないのですね。

一方で、この手のファンドは、四半期ごとにレポートを書いたりしますし、12月は、ファンドの決算であることが多いのです。

彼らのファンドは、意図的に(相場勘に基づいて)、日本株をアンダーウェートにしていたのですが、このまま、日本株が上がれば、彼らは、ベンチマークに対して、パフォーマンスは負けますし、ファンドを購入している投資家への説明(なぜ、日本株をアンダーウェートにしているか)も、上手くできません。下手なことをすれば、ファンドが大量に解約され、運用者として失格の烙印を押されてしまいます。

となると、彼らが考えることは、一つしかありません。「日本株を買う(=ベンチマーク並みに日本株を持つ)」 です。

「そうはいっても、できれば、押し目を買いたいな~」「でも、時間的猶予があまりないな~」という、非常に追い詰められた状況だったと思います。

過熱感があっても、それを分かっていても、彼らは、買わざるを得ないのですね。。。ですから、12月の選挙が終わっても、過熱感があっても、外国人は買い続けたのでしょう。

ヘッジファンドは、売ったり買ったりしているでしょうが、もっと、早い時期に日本株を買っていたと思われます。先物を買い越していた時期(11月後半)などは、ヘッジファンドが買いの中心だったと思います。 彼らは、やはり、上手いです。

あと、日本株専用ファンドが、日本株を買っているのではないかということを言う人もいますが、それほど大きくないと思います。 日本株専用ファンドそのものが、多くないですし、11月中旬以降、日本株が上昇したからといって、すぐに、ファンドにインフロー(資金流入)が劇的に増えるとも思えません(ある程度は増えているでしょうが)。もう少し状況を見たり、ファンダメンタルズを確かめたりするのが一般的です。

ということで、需給で説明すれば、時間的に追い詰められた外国人投資家が、慌てて日本株を買ったというのが、この12月の特に選挙後の日本株のマーケットの真相だと思います。要は、時間がなかったのです。時間がない場合、売りでも、買いでも、急激なマーケットになりやすいのですね。

面白いのは、先週7000億円の外国人買いに向かって売っていたのは、信託銀行(3200億円売り越し)と個人現金(2600億円)でした。多分、信託銀行の裏は、公的年金が、売却したのだと思います(安いところで買って、1万円で売る…上手くいきましたね)。日本株のウェート調整もあったと思いますが、ウェート調整だけでは、こんな金額にはならないでしょうからね。個人現金は2011年2月第3週以来の売り越し額となっています。

年明けからは、外国人の投資家には、ファンダメンタルズが精査されるでしょうからね。つまり、このような急激な上げにはならないのだと思います(上げるしても、もうちょっと、マイルドでしょうね!)。

あわせて読みたい

「日本株」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  9. 9

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。