記事

推進すべきなのはワーケーションではなく、「多様な働き方」ができる制度・風土づくりだった

1/2

地方でNPO法人を運営しながら、サイボウズで副(複)業している竹内義晴が、実践者の目線で語る本シリーズ。今回のテーマは「働く場所と時間」について。

巷では、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」が注目を集めている。テレワークを活用し、時間と場所の制約を受けない「新しい」「これからの」働き方だと言われている。

実は、サイボウズではワーケーションを推進していない。だが、「ワーケーションっぽい働き方」をしている社員はたくさんいる。一般的なワーケーションと、サイボウズでの働き方を比べたら、本当の意味で時間と場所の制約のない「これからの働き方」の本質が見えた。

「いま、〇〇にいるんですよ」「えっ?」

「いま、〇〇(地名)にいるんですよ」

「えっ? そうなの? 全然気が付かなかったよ」

最近、サイボウズ社内ではこのようなやりとりをよく見聞きする。

たとえば、新型コロナウイルス感染症の拡がりで、サイボウズ式編集部のメンバーは基本、在宅勤務を行っている。毎朝30分ほど朝会を行っているのだが、「実はいま、実家に来ているんですよ」といった話をメンバーから画面越しに知らされ、驚くことがある。

もちろん、「突然実家に行った」というわけではない。「誰が、どこで働いているか」はグループウェアで共有されているし、少なくともマネジャーはメンバーの動向を把握している。

しかし、テレビ会議システムの中には、背景をほかの画像に差し替えられるものもあるが、背景が普段と同じだったりすると、もはや「どこで仕事をしているか」自体が意外と分からず、「えっ? 全然気づかなかったよ」となるのである。

サイボウズでのテレワーク事情

いまでこそサイボウズ社員の多くが在宅勤務をしているが、新型コロナウイルス感染症が拡がる前は、このような状況ではなかった。

サイボウズが在宅勤務制度を始めたのは、2010年だ。10年以上経過しているが、同じ「在宅勤務」でも、以前は「基本はオフィスに出勤。週に1、2日在宅」といった働き方が主流だった。

フルリモートで仕事をする人は、「親の介護で」「パートナーの転勤で」など、何らかの事情がある人が多く、新潟を軸に東京のサイボウズで週2日、フルリモートという形で働いているわたしも、かつてはマイノリティだった。

2020年6月16日
在宅勤務というボクの働き方は本当に「仕方ないね」だったのか?──いまこそ考えたい「働き方少数派」の気持ち



それが、新型コロナウイルス感染症の拡がりで、多くの社員が在宅勤務となった。緊急事態宣言が発出されていたときの在宅勤務率はほぼ100%。正直、こういった形でフルリモートの働き方が拡がるとは想像もしていなかった

このように、全社員がテレワーク中心の働き方になったのは、つい最近のことなのである。

サイボウズではワーケーションを「推進していない」

話は変わるが、世間では「ワーケーション」という言葉が注目を集めている。

ワーケーションとは、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を掛け合わせた造語として知られ、テレワークによって時間と場所の制約を受けない「新しい」「これからの働き方」だといわれている。

ワーケーションという言葉が日本で拡がり始めたのはここ数年のことだが、多くの人が知ったのは2020年7月ごろ。当時の菅義偉官房長官が、新型コロナウイルス感染症で低迷した観光業の支援策として「新たな観光の形として、政府として推進する」と、伝えたのがきっかけだ。

ちなみに、サイボウズではワーケーションを特別、推進はしていない。ワーケーションに関する特別な制度もないし、「もっとワーケーションしましょう」といった働きかけもない。

一方、冒頭にも触れたように、多くの社員がフルリモートで働くようになってから、「今日は実家で仕事をしている」とか、「今日は〇〇(たとえば、観光地のような地名)で仕事をしている」といった書き込みを、グループウェア上に見かけることが増えた。

つまり、ワーケーションは推進していないが、「ワーケーションっぽい働き方」をしている人は多くいる

このような社内の実情を垣間見た時、こう思うのである。「ワーケーションって、一体何なのだろう?」

働く場所に関わらず「仕事はちゃんとしないとな」

一般的なワーケーションのイメージといえば、「リゾートで仕事」といった印象である。

実際、多くの自治体でいま、ワーケーションのモニターツアーを行っている。そのパンフレットやWebサイトを見ると、そこには景観のよい自然や楽しそうなアクティビティ、美味しそうな食べ物の写真が並んでいる。

リゾートに行って、観光やアクティビティ、豪華な食事を楽しみながら、仕事をする……もしも、そんな働き方ができたら、確かに理想かもしれない。

一方で、もしわたしが、サイボウズの社員としてそういった働き方ができるか……と言われたら、その答えはNoだ。

まず、観光と仕事をいっしょくたにして働くことをマネジャーや周りの仲間に伝えにくい。「今日はワーケーションで〇〇に来ています。午前中は□□(観光地)に行って、お昼は地元のお店で美味しいもの食べて、午後、1時間だけ仕事をして、それからアクティビティに行ってきます」みたいな書き込みをグループウェアにしたら……

「遊んでいないで、仕事しろ」

と、周囲の仲間から言われるか、言われないかはやってみないと分からないが、少なからず、そう言われないか心配である。

2019年4月18日
「あいつ、家でちゃんと仕事しているのか?」──コミュニケーションが難しい在宅勤務を円滑にする工夫



もちろん、観光やアクティビティを楽しまないまでも、景色のいい所で仕事ができたら「気分はいいだろうな」とは思う。

けれども、普段はPCに向かって集中して仕事をしているし、忙しい。景観でテンションが上がるのは、仕事をはじめる前と、ちょっと疲れて背伸びをしたときに景観が目に入ったときぐらいかな……と思う。

気分転換に散歩したり、仕事終わりに温泉にでも入れたら、気持ちは整いそうだけれど。

サイボウズ社長室フェローの野水克也は、寝泊まりができるように改造したワンボックスカーで、移動しながら仕事をしている。ある種、究極のワーケーションかもしれないが、SNSで次のようにいっていた。

ワーケーションという言葉に違和感があるのは、地方に行ったら遊びながら仕事できるのではなく、違う環境に身を置くと違う発想が生まれるからで、どこに行こうが忙しいものは忙しいんだよ。

確かに……と、わたしも思う。

ほかにも、所属は東京オフィスだが「コロナ禍のいまは、沖縄の実家で働いている」社員や、「奥さんの出産に合わせて、佐賀で育児をしながらリモートワークしている」社員、「子どもが春休みの1週間、軽井沢の貸別荘を借りた」社員など、それぞれの事情に合った形で働いているが、遊びながら仕事をしている人はいない。

働く場所に関わらず、仕事はちゃんとしないといけない。それは、働く場所を選ぶ際の絶対条件なんじゃないかと思う。

そういう意味では、仕事と休暇という、いままで相反していたものを、無理やりくっつけようとしなくてもいいのかもしれない。

だからといって、「ワーケーションなんて、所詮無理だよね」は、なんとなくもったいない。場所と時間の制約を受けずに柔軟な働き方を実現するなら、どんな制度や風土が必要なのか。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  4. 4

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  5. 5

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  6. 6

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  7. 7

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  8. 8

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    東京オリンピック期間中はテレワーク? 国策遂行のためにさらなる国民に耐久生活を強いる本末転倒

    猪野 亨

    06月13日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。