記事
  • ロイター
  • 2021年04月22日 17:50 (配信日時 04月22日 17:49)

政府の景気判断、4月は据え置き 先行き「下振れリスク」注意=月例経済報告


[東京 22日 ロイター] - 政府は22日、4月の月例経済報告で景気は「持ち直しの動きが続いているものの、一部に弱さがみられる」とし、総括判断を据え置いた。ただ、先行きに関しては、新型コロナウイルスの影響を踏まえて下振れリスクの高まりに注意が必要としている。項目別では設備投資の判断を機械投資の持ち直しなどを背景に上方修正する一方、公共投資は増加に一服感が出ており13カ月ぶりに下方修正した。

景気の総括判断は3月に続き、「新型コロナウイルス感染症の影響により依然として厳しい状況にある中、持ち直しの動きが続いているものの、一部に弱さがみられる」とした。  

景気の先行きについては、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策が講じられる中、政策の効果や海外経済の改善などで「持ち直しの動きが続くことが期待される」が、国内外における「感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要がある」とした。

現状判断の項目別では、設備投資の判断を2カ月ぶりに引き上げ、3月の「このところ持ち直しの動きがみられる」から「持ち直している」に上方修正した。日銀短観3月調査は「設備投資の過剰感は製造業を中心に依然残るものの、改善傾向」としており、月例経済報告でも、設備投資は企業が機械機器などを新たに導入するといった「機械投資を中心に持ち直している」との見方を示した。

一方、「公共投資」は3月の「堅調に推移している」から「高水準で底堅く推移している」と表現を変更し、13カ月ぶりに判断を下方修正した。大型工事などの影響が出た後に、公共投資の増加に一服感が生じたためという。今後については「関連予算の執行により、底堅く推移していくとの見込まれる」としている。

国内総生産(GDP)の過半を占める「個人消費」については、「このところ弱含んでいる」との判断を据え置いた。この表現は3カ月連続。内閣府は、家電販売などが前年を上回って推移している一方、外食や旅行などサービス支出は低水準の状態が続いているとみている。

(金子かおり 編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。