記事

厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

昨日の厚労委員会理事会で、前回の私の質問に対し開示されなかったため、理事会での協議を求めていた、医療従事者先行接種者におけるワクチン接種後の新型コロナ感染状況の数字が開示された。

(厚労省作成)

ワクチン1回目接種後は感染率が上がる「魔の2週間」が存在するのでは、と懸念する声もあった。しかし、データ上、確かにその範囲は感染者数が比較的多いものの、感染率は0.015%。

出来るだけ近似の期間の20〜60代の陽性率は0.038%なので、6割ほどの有効性があることが見て取れる。(*計算式は末尾)

2回目接種後2週間以内では成績が上がり、0.0034%。したがって、9割ほどの有効性なので、ほぼメーカーの治験どおり。2回目接種後2週間以降はさらに上がっている様子。

したがって、この情報の重要さは次の点に集約される。

「1回目接種後2週間の期間でも効果は6割あり、2回目接種ではさらに上がって9割以上の有効性がある。換言すれば、1回目接種から2週間は感染率を60%強減らすものの、一定程度の発症(117万人で174人)は確認されているので、従前と同様の注意が必要」

現に先行接種が行われた北海道の病院でクラスターが発生したケースも報道されており(北海道NEWS)、少なくとも1日目接種後2週間は従前と同等の注意が必要だろう。今後接種が行われる高齢者施設でも、このことは十分に頭に入れておいていただきたい。

*計算式
4/15までの1回目接種者117万5324人、2回目接種者67万8405人

【全体の4/1〜4/14までの感染率】
20代~60代の4/1~4/14までの感染者数(人)(A)  28827人
20代~60代の人口推計(R3.2総務省統計局の推計値)(B)  7681万人
感染率(A/B)    0.03753%

【ワクチン1回接種後感染の医療従事者】
感染者数(人)(4/1~4/14までに感染と想定)(C)   174人
ワクチンを1回接種した医療従事者数(万人)(D)  117万5324人
感染率(C/D) 0.015%

【全体からワクチン1回接種後感染の医療従事者分を抜いたもの】
(20代~60代の4/1~4/14までの感染者数)-(1回接種後の医療従事者感染者数)   (A-C) 28653人
(20代~60代の人口推計(万人)(R3.2月))-(ワクチンを一回接種した医療従事者数)(万人)(B-D) 7561万人
感染率(A-C)/(B-D) 0.038

【ワクチン2回接種後2週間における感染率】
23÷67万8405人=0.0034%

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  6. 6

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  7. 7

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  10. 10

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。