記事

堀江貴文「家を買うな、保険に入るな、会社にしがみつくな」

1/2

いまの日本人は、どうすれば幸せになれるのか。実業家の堀江貴文氏は「組織は信頼できるものではなくなった。今こそ、安心を積み上げるより、やりたいことをたくさんやるべきだ」という――。

※本稿は、堀江貴文『非常識に生きる』(小学館集英社プロダクション)の一部を再編集したものです。

実業家の堀江貴文氏実業家の堀江貴文氏 - 写真提供=小学館集英社プロダクション

「手取り14万、日本終わってる……」引用リツイートで大炎上

2019年の秋、あるサイトにアラフォーだという匿名女性が「手取り14万円です……。何も贅沢できない生活。日本終わってますよね?」という投稿を上げた。

同じような境遇の人はたくさんいるらしく、ニュースサイトでまとめられ、そのときのSNSは共感の声で埋め尽くされた。

この現象を、僕は見過ごせなかった。Twitterで引用リツイートした。

「「お前」がおわってんだよwww」と。そうしたら、大炎上してしまった。

ホリエモンみたいな成金は、低賃金の人たちの実情をわかっていない! 終わってるのはお前だ! 謝れ! などと、まあひどい言葉の集中砲火を浴びた。

僕が成金かどうかという話はさておき、なんで謝らなくちゃいけないの? と、本当に不思議だった。

終わっているものは、終わっているのだ。

では「月140万円」あれば満足するのか

僕が見過ごせなかったのは、手取り14万の匿名女性の不見識だ。月14万円の稼ぎは、たしかに高収入とは言えないだろう。しかし、あえて問いたい。いくらなら、満足なの? 月に140万円があれば満足? 本当に、本当だろうか?

たくさん稼いだところで、まだあれが足りないとか、これができないなど、満たされない状況が増えるだけで、また「日本終わってますよね」と、嘆くのではないか?

14万円ならば、別に飢えることはない。安い部屋を探して、スマホを使いこなし、無料サービスや売買アプリを利用すれば、ひとまず生きていけるはずだ。

ジムに通って健康管理したい、趣味を増やしたい、多少の嗜好品やブランド品も持ちたい、遠くに旅行したい、だからお金がもっと必要なのだ、という反論もあるだろう。「最低限の暮らしではなく、少しの贅沢と文化的生活は誰でも受ける権利がある」という意見もあった。

たしかに、そのとおり。だが基本的人権の問題と、手取り14万の金額が多いか少ないかは、次元がまったく違う。同じ俎上で論じてはいけない。

14万円の稼ぎがあまりにも少ないというなら、人権とか大きな問題を持ち出さず、自分の満足値をきちんと理解したうえで文句を言うべきだ。

人生を自力で生きるリテラシーが足りない

「日本終わってますよね?」と言う人たちに問いかけたい。人生において何が幸せなのか、何をしたいのか、明確にできているか?

少しの贅沢を楽しみたい。経済的な不安を軽くしたい。そういう欲を持つのは結構だが、贅沢なんかしなくても幸せにはなれる。

成熟した大人として、当たり前のことを思い出さなくてはいけない。

「日本終わってますよね」と、国家レベルの問題にすり替えようとしているマインドの時点で、自分の本心がわかっていない証拠だ。

足りないのは月給ではなく、人生を自力で生きていくためのリテラシーだ。

炎上はたびたびするのだが、多少の無力感を感じる炎上だった。僕は著書やメディアで、リテラシーを磨くことの重要性をしつこく繰り返し訴えているのに、まだまだ多くの人には届いていなかった。

「おわってんだよ」と言ったけど、投稿者本人を否定しているわけではない。苦しさを招く思考は、工夫次第でいくらでも変えられるのだ。

国家に文句を言う前に、まず自分で変わっていけ!

言葉は厳しかったけれど、そのようなエールをこめたつもりだ。

受賞者※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kieferpix

大切にしているのは「人生を遊び尽くす」こと

大学生時代に起業してから今日まで、スケジュールがガラ空きになったことがない。

1日に数十件の案件を処理することは普通で、国内外の移動、友人との会食、トレーニング、すきま時間にスマホで情報収集や発信を行い、睡眠時間はしっかりキープしている。仕事がなんにもやることなくぼんやり過ごしていたという日は、30年近く1日も無いだろう。僕のなかでは最適化されているので特に大変ではないけれど、普通の人からすれば超人的なタイムスケジュールらしい。たしかに、僕の毎日に全部ついて来られる体力の友人や恋人は、ほとんどいない。

僕にとってビジネスは遊びと同じだ。

時間を活用して、情報を狩りながら自由に生き、すべてが遊ぶことに通じている。

よく、堀江さんが一番、大切にされていることは何ですか? と聞かれる。一番なんかないのだけど、シンプルに答えるなら「人生を遊び尽くす」ことだ。

僕は毎日が楽しくて、楽しくて仕方がない。

常識やいろんな制約に縛られず、人生を自由に、遊び尽くして生きているからだ。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  7. 7

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

  10. 10

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。