記事

守れ公共交通! 7月以降も雇用調整助成金の特例措置の延長を――政府が「感染状況」も踏まえると初答弁

1/2

4月14日、国土交通委員会質疑で公共交通の現状と支援について質問しました。
いくつかポイントがあるので整理します。

●公共交通は「走らせ続けろ」「できるだけ乗るな」「協力金はなし」

ひとつは、日本の公共交通の置かれている現状が「交通崩壊」に近くなっている現状を政府がどうとらえているかということ。
国は事業者に「走らせ続けろ」という一方で、国民にはテレワークなどを推進して「できるだけ乗るな」といっています。飲食店には協力金を配りましたが、公共交通の事業者にはそれもありません。

これ、おかしくないですか。

●公共交通全体の営収減(民間試算は6.5兆円減)、6月以降で明らかに

これまで政府は、野党議員が「公共交通を守るべき」と問うても、いつも「三次補正と令和3年度本予算で計500億円の予算をつけた」という答弁でした。

そこで私は、国交省に「公共交通全体でどれくらい営業収益が減少したと把握しているか」と聞きました。
政府答弁は営業収益でなく純利益の減少が「JR・大手民鉄・JAL・ANAで約2.8兆円」だったが、地域鉄道やバスなどは6月に事業報告があがる(ので把握していない)ということ。
実態がわからなければ支援が十分かどうかはわかりません。私は、調査結果が出次第提出するように求めました。
実は民間の調査では、公共交通全体で減収6.5兆円、地方鉄道・バス・ハイタク・船舶などの中小だけで1.6兆円にのぼるという試算もあるのです。

日本モビリティ・マネジメント会議資料「危機的な状況に追い込まれている公共交通・まち」

政府の予算500億円ではケタが2つ足りません。しかもこのなかで、路線バスなど「地域の足」を守るための追加支援はわずか30~60億円程度。焼け石に水ではないですか。

●貸切バス97%・タクシー89%が雇調金頼り、地域鉄道72%・タクシー99%が融資頼り

テレワークなどが可能な産業と違って公共交通は、運行を守るためには人員の確保=雇用の確保が不可欠です。大幅減収にも関わらず政府支援が少ない現状、雇用を守る柱は雇用調整助成金(雇調金)と金融機関からの融資(資金繰り支援)になっています。

私は、国交省に公共交通事業者がどれくらい上記2つに頼っているか、実態を問いました。

○給付済み、申請済み、申請に向けて検討中の事業者合計(国交省答弁・資料より)
1)雇用調整助成金
・貸切バス97%、タクシー89%、乗合バス76%、地域鉄道64%、

2)危機対応融資など資金繰り支援
・タクシー99%、貸切バス94%、地域鉄道72%、乗合バス71%

もしも雇調金が突然切られたら、多くのバス事業者などが追い詰められることになります。
融資についても、多くの事業者が借金でなんとか事業継続している実態が明らかになりました。

この2点について、私は政府と議論しました。

あわせて読みたい

「公共交通機関」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  4. 4

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  10. 10

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。